この記事ではパチスロ沖ドキのプレミア役について解説していきます。

それぞれ通常時とボーナス中では恩恵が異なるので確認しておきましょう。

リーチ目(スイカハズレ・左下段BARの中段ベルベルリプなど)

確率

1/8192

恩恵

通常時:BIG確定+モード移行が若干優遇

ボーナス中:BIG1G連確定+モードUP抽選

3連チェリー(確定チェリー)

確率

1/10922.67

恩恵

通常時:BIG確定+モード移行が若干優遇

ボーナス中:BIG1G連確定+モードUP抽選

中段チェリー

確率

1/32768

恩恵

通常時:BIG確定+次回天国モード以上確定

ボーナス中:BIG1G連確定+モードUP確定(超ドキドキ時を除く)

フリーズ

発生契機・抽選タイミング

ボーナス告知時にフリーズ抽選をします。

ボーナスの当選契機によってフリーズ発生確率が異なります。※ボーナス中はフリーズ抽選を行わない

確率

1/27142.63(最低値)

恩恵

BIG+超ドキドキモード移行確定

ボーナス当選契機別フリーズ抽選確率

  • 中段チェリー…50.0%
  • 確定チェリー…5.0%
  • リーチ目…5.0%
  • 角チェリー…1.6%
  • スイカ…1.6%
  • ゲーム数解除…0.03%
  • その他…0.06%

上記を見たらわかりますが、中段チェリーは50%の確率でフリーズします。

例外として、ボーナス中のレア小役・確定役でストックしたときの1G連ボーナス告知時はフリーズ抽選していません。

ややこしいのは、ボーナス中のベルやリプレイで1G連告知が起こったときです。

これは次回天国モード以上で天井0Gが振り分けられたときの告知で、このときは一応フリーズ抽選されています。

沖ドキ 中段チェリーからロングフリーズ

沖ドキ中段チェリーの稼働日記|読者日記

先日のお話。今日はどこに行こうか…悩んだ挙句いつものお店へ。来店ポイントで色々貰えるからですが(笑)

2スロコーナーを覗き、なにを打とうか迷っていた時のことでした。

2スロが非常に強いこの店では珍しく、朝イチ状態のバジ3が転がっていました!時間は昼の13時頃。前日のデータもまぁまぁ良し。よし、これを打とう。回転数は150程だったので、まぁすぐ当たるだろうと勝手に思い込んでいました。

…いつ当たるんだ?そう思い出したのは300を超えたあたりから。小役はちょこちょこ来るし、巻物も来るけれど、バジリスクチャンスにすら入らない!なにが好機だこのヤロー!なんて思いながら、絶対当ててやると奮起していました。貯メダルがあったのでそれでかかればいいな程度で打っていたので、現金投資がなくそのへんはよかったのですが、なんといっても通常ステージがつまらなくなってきた。高確に入っては抜け、入っては抜けでゴッドじゃないんだからとか思っていました(笑)
手も疲れてきた514回転、きました。

ARTに入る前に、ボーナスを引いてしまいました。これって消化したら通常に戻るんじゃ…?

あまり詳しくないですが、ボーナスだけで終わらないことを願って消化。

無事ARTに突入しました!ハマったかいあってなのか(?)、朧ちゃんモード?とやらに入っていたようで、連チャンしまくりです。無双連撃は初めてでした♪

バジリスクはスロットから入り、アニメを見て好きになりました。曲、ストーリー、絵などすべて好きで、ライターなんかのグッズも集めたりしちゃいました。

そんなバジリスクの「甲賀忍法帖」が聞けて大満足です♪やっぱり内容が分かっていると打つのも楽しいですよね。

バジリスクの朝イチはありだなぁと思えました♪

続いて凱旋を覗いてみました。なんだか角台が気になったので角台へ。94回転と、どうやらゴッドゲーム終了後すぐのようでした。

打ち始めると、なんだか0がよく来るなぁと思っていました。ざわつき始めたのは打ち始めて50G回した頃。リプ7が4連し、G–STOPへ突入!!

やばい、赤7目押し出来ない!その時まず1番に思ったのはそれです(笑)すぐに彼氏を呼びました。

駆け抜けられると困るので、今日の自分のヒキを信じながら打ちました。

赤7を1回目、2回目と順調にストックしていき、ラストゲームでなんとメデューサの扉が出現!!

凱旋を打ち始めてから初めて見たのでとても興奮しました。思わず写メをぱしゃり。

一個ストックすることができ、その後は駆け抜けてしまったので計3個と少ないですが、ゴッドゲームをのせることが出来ました!そして淡々と消化後、終了…

SGGに入れたことですし、まぁよしとしましょう(笑)

SGGほどドキドキするものはありません!あの音楽がたまらない。

目押しはいつまでたっても出来ず終いです(泣)ハーデスの紫7、ハーデス図柄も未だに目押しが出来ません。よく見えますね、あれ!私はポセイドンの盾しか見えないです(笑)

ここで話が少しだけ変わるのですが、そういえばこのお店のハーデスが、新台入れ替えとともに無くなってしまいました。2スロ以外はまだ見てないですが、なぜか凱旋が残っていてポセイドンが2台に増えていました。荒くれ者のハーデスは人気がなかったのでしょうか…ちょっとショックでした。

ここで10スロに移動。彼氏が沖ドキを打っていたので、私はHANABIで時間潰しをしていました。

HANABIは大好きなのですが(ユニバーサル信者なので)この日はHANABIでもヒキが良く、すぐにビッグをかけることが出来ました!あのフラッシュ点滅が来るたびにいつもドキドキをもらっています♪

彼氏は沖ドキが天国に上がり満面の笑みで打っていました。人が少なかったので私は隣に座って見ることに。

彼「ナビ無しで効果音がなった時にさあ、真ん中にバーが止まった時のあのドキドキ感たまらんよね!」と話していた時のことでした。

真ん中にバーが…

嘘でしょ?!!ってなりました(笑)まさかの中段チェリーが来るとは(笑)

これは超ドキ入ったね!!って言っていたのですが…

なんとカナちゃんでした…(笑)ムービーを撮っていたんですが彼氏の「そっちかぁ〜!!!!!」という悔しそうな声が入っていて見るたびに笑っています。

結局4連で終了し、回収は出来たものの残念でならなかったです(笑)

超ドキのever lasting love 、カナちゃんが歌う曲が久々に聴けると思ったのに。

彼氏もヒキがいいのやら悪いのやら(笑)

この日は2スロも10スロも結構当たり、良い結果で終わることが出来ました!名残惜しいのはやはり超ドキを引けなかったことですね。私はビギナーズラックから引いていないので、沖ドキが無くなる前には必ず引きたいです♪沖ドキトロピカルのフリーズも引いてはみたいですがいつもいいところは彼氏に持っていかれるので、まずはトロピカルのフリーズに挑戦、同時に超ドキでメダルを積む日が来ればいいなと切に願っています(笑)

好きなスロット台の思い出|読者日記

私は5号機が出始めたあたりからスロットに魅力を感じて度々ホールに足を運ぶようになりました。

なかには今はホールで見ることも減ってきた機種もありますが、好きなスロット台の思い出話を書いていきたいと思います。

好きなスロット台の1つ目はロデオから誕生したスロット「モンスターハンター」です。

基本的にはボーナスとARTで出玉を増やしていくタイプとなっています。

ART「モンハンラッシュ」に突入させる契機はプレミアムボーナスを含むボーナスからの抽選、もしくは通常時のクエスト成功です。

モンスターハンターのスロットは、実際のゲームに登場するフィールドやモンスター等が鮮明に描かれており、原作ファンの私としてはとても嬉しい限りでした。

通常時のボーナスはプレミアムボーナスである「ラージャンボーナス」のほか、モンスターを討伐できればARTに突入する狩猟ボーナス、バー揃いを目指すBIGボーナス、かわいいアイルーたちが登場するアイルーボーナスがあります。

BIGボーナス中はバー揃いすればARTに入るのはもちろんですが、揃った後の色によって初期ゲーム数が変化します。

突如赤色のロゴが出現、開始ゲームは300ということも何度も経験しています。

また、この機種の面白さはART中にあります。

出現しただけでドキドキする「大砲演出」、レア役の次ゲームにひっそりとハズレ目出現からのボーナス告知、何気ないクエストから大量上乗せ等、言い出せばキリがない程の魅力があります。

純増は約1.5枚と最近の機種と比較すると少ない方ですが、ボーナスが絡んだ時の出玉増加は現行機種にも劣りません。

弱小役の出現率や高確移行率等における設定判別要素も豊富で、設定を予測しながら楽しく打てる機種です。

私が好きな機種2つ目はミズホの「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-」(以下ハーデス)です。

ゴッドシリーズといえばシリーズ通して人気の高いスロットのひとつですが、このハーデスはゲーム性がまるで違います。

これまでのゴッドシリーズは、出玉のメインになるゴッドゲームに当選した際、決まったゲーム数を消化する中でセット数を上乗せしていくタイプでした。

しかし、ハーデスは初期ゲーム数を自力で上乗せしていきます。

初期ゲーム数を決定するのは「ジャッジメント」です。ケルベロス、ペルセポネ、ハーデスの3種類があり、後者ほど大量上乗せに期待がもてるジャッジメントです。

初当たりの9割はケルベロスが選択されるのですが、レア役を引くと100ゲームや200ゲーム上乗せすることも珍しくはなく、ふとしたことから大量ゲーム数の獲得が目指せる機種です。

もちろん、ハーデスが選択されると上乗せの大チャンス、4桁上乗せも十分射程圏内の爆裂契機となりえます。

また、ハーデスの魅力はジャッジメントだけではありません。

ゴッドゲーム消化中のレア役でもゲーム数の上乗せ抽選を行っています。

初期ゲーム数が少なくガッカリしながら消化していると消化中の弱小役から3桁上乗せということも頻繁にあり、いつでも逆転の可能性がある機種だと感じています。

もちろん、シリーズの目玉であるGOD揃いも健在、100ゲームのゴッドゲームと3つのジャッジメントが保証され、かつ高位ジャッジメントが選ばれやすくなります。

GOD揃いからの5000枚オーバーという経験も何度もあり、非常に夢のある機種です。

最後に紹介するのは大都技研から発売された「押忍!番長2」(以下番長2)です。

私がこれまで打ってきたスロット台の中でもっとも好きな機種でもあります。

そもそも私が本格的にスロットにはまったのはこの番長2のおかげだといっても過言ではありません。

当時あまりスロットに詳しくない私でも楽しめる機種でした。

番長2のスロットは番長ボーナスを経由して出玉を増やすメイン契機である「頂ラッシュ」に突入させます。

頂ラッシュは初期50ゲームスタート、最大5セットまで継続します。

ART中のボーナス、小役での上乗せ、上乗せ特化ゾーンである絶頂ラッシュ等ゲーム数を上乗せする契機は非常に多く、何かを引かないと勝てないというわけではないという点が非常に気に入っています。

頂ラッシュにさえ入れることができれば何とかなるかもしれない、という期待を常に持つことができる夢が詰まった機種だと感じます。

また、演出面においても作りこまれています。

主人公やそのライバルたちが繰り広げるちょっと笑ってしまうコミカルな対決はもちろん、ダブルナビや小役矛盾といった思わず声が出てしまいそうな熱い瞬間、不意にゆっくりとリールが逆回転し始めた驚き等、語りきれない程の魅力があります。

前兆ゲーム数は決まっており32ゲームが経過すると大当たりが濃厚、そのため前兆開始からゲーム数をカウントしてドキドキしていたのも懐かしい思い出です。

4000枚投資からの万枚回収といった大逆転も何度も経験している私の中でベストオブスロット台です。

パチスロ初心者や勝てなくて悩んでいる方へ

パチスロで稼ぐための知識を0の状態から 「分かりやすく」をモットーに、 パチスロでお小遣いを増やす為のコンテンツをご用意しています。

パチスロで稼ぐ為のテクニックやノウハウを無料で公開していますので是非参考にしてください^^