この記事ではパチスロの宵越し天井狙いについて解説していきます。

天井狙いで勝つための超重要な知識なので必ず確認しておきましょう。

宵越し天井狙いとは

そもそも宵越し天井とは当日まだ当たりがついてない台を狙った天井狙いのことを指します。

例えば、前日500ゲームはまってる台があったとして単に電源をONOFFしただけだと、朝一のデータランプの表示は0ゲームですが内部的には500Gはまっているのと同じ状態になっています。

なぜなら前日のハマリゲーム数は設定変更やリセット(同一設定へ打ち直し)をしなければ前日のゲーム数を引き継ぎます。

設定変更やリセットについての詳しい解説は以下の記事を参考にしてください。

○参考記事

リセット・設定変更・据え置きとは

さきほどの例として、誰かがあと200ゲームも回してくれれば700Gハマリの優秀な期待値のある台へと進化してくれます。

前日最終G数(500G)+当日ノーボーナスG数(200G)=宵越しG数(700G)

メリット

宵越し天井狙いのメリットは以下の2つです。

  1. 高期待値の台を拾える可能性が大幅に上がる。
  2. 自分だけが超有利な状態で立ち回れる。

高期待値の台を拾える可能性が大幅に上がる。

簡単に言えば、天井付近の台を拾えることも可能です。

僕が以前稼働していた時は、ミリオンゴットの天井まであと5ゲーム前の台を拾えたこともありました。

そして、僕の収支のほとんどが宵越し天井狙いで高期待値の台ばかりを打っていました。

お蔭で安定した収支の残すことが出来ました。

なかなか期待値のある台が取れない人は宵越し天井狙いを立ち回りの一つに入れることで大幅に台を拾える確率が上がるでしょう。

自分だけが超有利な状態で立ち回れる。

最近のパチスロのお客さんは天井の存在を知っている方が多いので当日ハマリの天井に近い台というのはなかなか空きません。

目の前にハマリ台が落ちていたら我先に台を確保されます。笑

しかし中には天井は知っていても宵越し天井は知らなかったりする方もいますし、データーカウンターによって前日のゲーム数が表示されないタイプは前日下見でしか知り得ないことになります。

すなわち下見をしてメモした人だけが前日のゲーム数を知ることが出来るのです。

もちろん、サイトセブンなどで前日のゲーム数を知ることも出来ますし、データーカウンターによって表示されていることもあります。

デメリット

宵越し天井狙いのデメリットは設定変更(リセット)されると大ダメージを受けてしまいます。

ホールが設定変更(リセット)した場合、天井までのゲーム数が0になります。※一部機種を除く

ですから、いくら前日の最終ゲーム数が1000Gハマっていても設定変更(リセット)されたら0Gに戻るということです。

例えば、アナザーゴットハーデスの天井は1600Gですが設定変更されると天井までのG数がリセットされます。

この台の前日最終G数は1000Gを打ったとしましょう。

設定が据え置きなら1000Gでとても期待値の高い美味しい台ですが、設定変更がかかっていたら0Gから天井狙いをしたということになります。

ということは、600Gまで回しても天井到達にはなりませんし、恩恵も発動しません。

すなわち600G無駄に回したということになりますし、そのころには約20000円も損失します。※千円で30回転として。

メリットだけではなく、このようなリスクが潜んでいるのが宵越し天井狙いです。

このリスクを回避する為には設定変更(リセット)されているかどうかを見極めなければなりません。

設定変更がわかればリセットの台は避けて据え置き台のみ宵越し天井を狙うこともできます。

設定変更(リセット)を簡単に見極める方法

結論から先に言うと設定変更(リセット)を見極める方法は、お店の設定変更(リセット)傾向を把握するということです。

お店の設定変更(リセット)傾向を把握する

パチスロには設定というものが存在しそれぞれ出玉率が異なります。

お店は各台を開き設定キーを回して設定変更をすることにより営業利率を調整するのですがこの設定変更に対する考え方というのはお店によって以下のように様々です。

  1. お客さんを呼ぶ為に毎日こまめに設定変更する
  2. 基本低設定の据え置き営業だけどイベント日だけは全台リセットする
  3. 設定キーすら使わず万年据え置き
  4. 毎日オール低設定だけど宵越し狙いをするプレイヤー対策でハマリ台だけリセットする
  5. 毎日全台リセットする

宵越し天井狙いをする為に一番理想的な環境は③のようなお店です。

いわゆるベタピンの全台据え置き店です。

僕の経験上こういうお店は設備が古くお客さんもいない田舎のさびれた過疎店に眠っている傾向があります。

僕自身田舎に住んでいて、人気店もありましたがライバルも多かったので過疎店に行くとライバルは皆無でした。

お客さんは少なくあまり回っていませんが、まったく設定変更(リセット)しないので宵宵宵宵宵越し(5日間)なども安心して打てていました。

そのお店だけでも相当な収支をあげましたね。笑

もし地方に住んでいて車を持っている方はぜひ過疎店巡りをしてみましょう。

おもわぬ穴場店に出会えるかもしれません。

ただ現実問題としては②や④のようなお店で天井狙いをするプレイヤーがほとんどだと思います。

ですから一番重要になるのが店の癖や傾向、すなわち設定変更(リセット)ラインを把握することです。

例えば、

  • ハーデスなら700G以上はかけてくる
  • 天井の恩恵がない台はかけてこない
  • 逆にリセットの恩恵がある台はかけてこない
  • 特定のシマだけいつもかけてこない

などと言った小さな情報ですね。

こういった小さな情報を積み重ねることでお店の傾向が見えてきます。

お店の設定変更(リセット)傾向を掴む為に必要なこと

重要な要素を簡単にまとめると、以下の方法です。

  • とにかくお店に通う。
  • 下見をする。
  • リセット挙動の知識を頭に叩き込む。
  • ガックンチェックする。
  • 店員と仲良くなってリセット状況を直接聞いてみる。
  • サイトセブンやマルハンズネットで確認する。

とにかくお店に通う。

結局お店に通わないと、台の情報がわからないので必ずお店にいきましょう。

スポンサーリンク

下見をする。

下見をすることで、最終ゲーム数や出目もわかり設定変更(リセット)の癖が格段にわかりやすくなります。

一日だけではなく毎日データを積み重ねることで傾向が掴めます。

また下見時に出目もメモすることで、設定変更(リセット)後お店側が回したかわかるので必ずメモしておきましょう。

リセット挙動の知識を頭に叩き込む。

超需要な要素ですが、他人の台挙動に目を光らせてリセットか確認出来ます。

その為には、リセット挙動の知識が必要不可欠です。

ガックンチェックする。

最も簡単な方法です。

ガックンチェックすることで設定変更(リセット)されているか簡単に判別出来ます。

○参考記事

リールガックンチェック|設定変更されているか簡単に判別する方法

店員さんと仲良くなってリセット状況を直接聞いてみる。

店員さんと仲良くなることでリセットの状況や稀にインサイダーな設定情報を教えて貰える可能性があります。

その為には普段から、店員さんと良い関係を築いていけるように自分から意識しましょう。

たまに嘘をつかれる可能性もあるのであくまで参考程度に聞くことも大切です。

サイトセブンやマルハンズネットで確認する。

最近ではサイトセブンで自宅にいてもスマートフォンやPCから確認出来ます。

ホールによって実際の数値と異なったりするので、一番はホールに足を運んで確認する方が確実です。

最近の台は台メニューを開くことでしかわからない複雑な狙い目を有している台も多く、実際に下見に足を運ぶことによって得られる情報というのは非常に多かったりします。

設定変更(リセット)されても宵越し可能な機種

設定変更(リセット)されても宵越し可能な機種

パチンコ業界の衰退を数字でみる

結論から書くと、パチンコ業界は完全に衰退しています。1995年にピークを迎えたパチンコ産業が、当時に比べて、どれだけ集客力を弱め、市場規模を縮小させているのか、まずは確認してみたいと思います。

パチンコ・パチスロ店数の減少

パチンコ業界の衰退を確認する一つの方法として、パチンコ・パチスロ専門店の店舗数を把握することが挙げられます。早速ですが、店舗数の推移を以下に示します。

パチンコ産業の衰退

上記の図でもおおむね店舗数が減少していることを確認することができます。全日本遊技事業協同組合連合会によると、1995年当時パチンコ店及びパチスロ専門店の店舗数は全国で1万8,244店あったのが、2008年には1万3,000店を切り、2016年にはなんと1万店舗を割ったということです。

さすがに半減とまではいきませんが、20年をわずかに超える期間で、大幅に日本のパチンコ店舗数は減少しているのです。

店舗数の減少とともに、パチンコを楽しむ消費者も数を減らしています。次にパチンコの遊戯人口を見ていきましょう。

パチンコの遊戯人口は恐ろしい勢いで減少

パチンコ店が半分近くにまで数を減らすなか、パチンコの遊戯人口はピーク時の3分の1にまで縮小しています。

かつてパチンコは「遊戯人口3,000万人」といわれていました。しかし、日本生産性本部が調査した『レジャー白書2016』によると、2016年のパチンコ参加人口は1,070万人です。

レジャー市場において突出して規模が大きいパチンコ業界ですが、パチンコ/パチスロの貸玉料、貸メダル料は大きく減少しており、厳しい状況だとレジャー白書は指摘しています。

ネットショップの普及率

いっぽうせどりというと販売先であるアマゾンドットコムの総売上が年々伸びているのがわかりますね。

すなわちネット通販の普及率が年々高くなっているのがこのグラフで一目でわかります。ですからせどりというビジネスはパチンコ・パチスロと比べて未来があります。

↑ アマゾンドットコムの総売上と営業利益率

せどりの情報を無料で限定公開しています。

僕がせどりでメインに扱っている商材はゲームです。

どのくらい早いスピードで売れるかと言ったら商品によっては1日以内に売れる事が普通にあります。

さらに、ゲームは1年中ずっと売れます。例えば、クリスマスです。

クリスマスと言えばゲームは鉄板ですよね。この時期は驚く程売れます。

昔に発売された「中古ゲーム」に至ってはほとんど「相場」が変わりませんから、「赤字」になりにくいのです。

ゲームは商品数が少ないので覚えやすいのです。

店鋪に置いているもので仕入れる対象となる狙い目商品はせいぜい500種類~1000種類程度です。

この程度であれば、数ヶ月続けていれば普通に覚えられるレベルです。

一度覚えた商品は何度も繰り返しリピート仕入れできるので最初に頑張って覚えてしまえばどんどん仕入れが楽になります。

そしてゲームは仕入れられる場所が多いのが特徴的です。

都会に住んでいる人でなくても十分に仕入先があります。

ある程度スキルが付けばライバルが少ないので独占できる田舎の方が有利な場合も多いです。

ゲームは1商品あたり500円~2,000円程度の利益が取れる商品がボコボコあります。

ゲーム機本体だと1商品で5,000円や1万円の利益が取れるものがあります。なので、仕入れが安定しやすいですし、10万円くらいすぐに稼げるのです。

もちろん各店舗ごとのな狙い目や今熱い商品などがあるのですが、それらは有益な情報な為ブログでは公開できません。

僕がこっそりと稼ぎ続けている方法と思考をLINEで公開しています。

もしLINEの内容があなたにとって有益ではないと判断したらワンクリックで解除することが出来ますのでご安心してください。もちろんお金は一切かかりません。

以下のページから簡単にLINE登録出来ますよ♪

スポンサーリンク