今回はボーダーの決め方についてお伝えしていきます。

よくご質問をいただく内容としては、

「天井狙いで期待値がプラスの台を打てばいい事はわかったけど期待値いくらから打てばいいの?」

と疑問に思われている方が多いです。

ボーダーの意味

ボーダーはボーダーラインの略で元々はパチンコで使われていた言葉です。一般的には境界線という意味になります。

ゲーム数狙いにおけるボーダーの意味は

打ちはじめの最低ゲーム数

の事を言います。

この最低のゲーム数は個人個人が決めているもので、目的や環境に応じて変化するものでもあります。

ボーダーの決め方

ボーダーの決め方の「目標」と「環境」です。目標というのはどれくらい勝ちたいかという事です。

「月10万勝ちたい」なら

期待値3,000円をボーダーにするなら月に最低34台

スポンサーリンク

期待値2,000円をボーダーにするなら月に最低50台

期待値1,000円をボーダーにするなら月に最低100台

打つ必要があります。これが1つ目の決め方ですね。

ボーダーの2つ目の決め方は「環境」です。

ハマり台が空きにくい地域や店、そしてライバル(同じようにゲーム数狙いをしている人)にもよります。

期待値4,000でボーダーを決めたとしても打つ事が出来なければ期待値は0円になります。

もし、3,000円の期待値なら打つ事が出来るならボーダーを少し低くしたりする必要がありますね。

注意点

基本的にボーダーを下げると収支は安定しづらくなります。厳密に言えば期待値は期待値なので関係のない話なのですが、期待値をしっかり理解していない方は収支がついてこないとメンタルが持たなくなる事があります。

ですので、初めのうちは下げ過ぎないようにした方がいいですね!

スポンサーリンク