今回はパチスロの収支をつけるメリットと、収支をつけるためのおススメアプリについてお伝えします。

そしてパチスロで稼げる人と負ける人の違いを一つご紹介します。

パチスロで収支管理する目的

そもそも収支をつけなければ勝ってるか負けているか明確にわかりません。

ましてやパチスロで勝つ為にはハイエナにしても設定狙いにしても期待値を積む方法以外にはありません。

その期待値というのはクセモノで目には見えません。期待値については以下のページを参考にしてください。

期待値とは

さらに期待値というのは回数をこなしただけ安定します。

ですので自分が積んだ期待値は本当に正しいのか?確かめる必要があります。

収支表をつけることによってそれが明確になるのです。

負けている人は収支をつけません。

負けている人は収支をつけません。

理由は収支をつけることによって負け額が明確<になってしまい現実から目を背けたくなるからです。

勝てている人のほとんどは収支をつけています。

実際にスロット、パチンコで収支を上げている方のほとんどは収支をつけています。

当然勝てる日もあれば負ける日もあります。

一日5万負ける日もあれば10万勝つ日もあるんです。

ただスロットで収支をあげている人のほとんどが一日単位で結果を出そうと思っていません。

収支をみれば必ずトータルでプラスになっているので問題ないのです。

逆に負けている方はその日の勝ち額にこだわっていることが多いです。

収支管理を徹底するメリット

自分が勝っている負けているを知ることも大事ですがそのほかにも収支をつけるメリットは沢山あります

スポンサーリンク

今日は、

  • どこで稼動をして
  • どれくらいの時間を使って
  • どれくらいの期待値がつめた

という記録が残せます。

仮に最初に負けていたとしても収支を見返すことで自分のどの部分が悪かったのか反省することができます。例えば設定狙いをしてしまったが、本当は設定が入ってなかったなど

逆に天井狙いだけの結果を見てトータル20万以上勝てているとしたら、稼げる実感ができマイナスの期待値を打つことも少なくなるはずです。

また、立ち回りの改善にも役に立ちます。

実際に番長を打っていた時のことですが、ゾーン狙いを170G、370Gをボーダーに立ち回っていましたが、ボーナスがヒットしなさ過ぎて、番長の収支がひどいことになりました。

そのためゾーン狙いのボーダーは185G、385Gとして、立ち回ってみたところ勝率もかなり安定していきました。

収支管理にオススメのアプリ

「pShareでパチンコパチスロ収支管理カウンター(無料)」というiPhone専用アプリです。

(画像クリックでダウンロードページに飛びます)

1か月単位の収支、年単位の収支、機種別の収支が見れるので、いろいろのデータとして残すことができます。

1年間も収支をつけてると、膨大なデータとなっているので、数か月前のデータを振り返って見てみると、結構面白いものですよ。

アンドロイド版のおススメの収支アプリは「ぱち簿 パチンコ&パチスロ収支管理」のようです。

(画像クリックでダウンロードページに飛びます)

スポンサーリンク