天授の儀解析

蒼天の拳~朋友~ 天授の儀解析

・主に黒BAR揃いから突入する上位AT
・ボーナス高確中とバトルボーナスがループするのは死合の刻と同じ
・天授の儀はセット数管理
・1~21セット継続
・バトル敗北後の伝承試練引き戻し率が約70%にUP
・期待獲得枚数は約1250枚

天授の儀突入画面振り分け

紫オーラ 虹オーラ
設定1 88.0% 12.0%
設定2 87.1% 12.9%
設定3 85.7% 14.3%
設定4 82.5% 17.6%
設定5 79.9% 20.1%
設定6 75.4% 24.6%

セット数振り分け

セット数 振り分け
1セット 24.5%
2セット 35.1%
3セット 29.9%
4~12セット 各0.8%(計6.8%)
13~19セット 各0.5%(計3.4%)
20~21セット 各0.2%(計0.4%)

機種まとめページ

ツインドラゴンハナハナ?30は楽しめるスロット台です|読者実践稼働日記

「ツインドラゴンハナハナ?30」はたまに打ったりするのですが、先日にホールで実践をしてきたけど、高設定っぽいのに座れたため、大勝ちとはいえないけど、それなりに勝つことができたので良かったです。

自分が打った時は既に回っていた台であり、総回転数が2000Gぐらいまわっていて、

BIGボーナスが10回でREGボーナスが5回という台であったのでBIGに偏っていた感じとなっていて、

200Gぐらいでやめられていた台であったので、ワンチャン300か400Gぐらいでハイビスカスが光れば、連チャンするんじゃないかなと思い打っていたら、

まさかの400Gぐらいはまり、投資が普通に2万円か3万円ぐらいかかりと、

幸先が不安でありましたが、650Gぐらいでハイビスカスが光り、一安心でしたが、そこはまずREGであり、

ハナ連に期待しつつボーナスを消化しとりあえず100Gぐらいまでまわして駄目なら帰ろうと思っていたら、

30Gぐらいでハイビスカスが点灯しそこはBIGボーナスを頂き、

よっしゃーこれはうまくすれば投資分ぐらいまでは追いつけるかもと思いつつBIGボーナスを消化していった感じとなっています。

運良くハナ連が続き3回目の当たりはBIGボーナス、

4回目の当たりはBIGボーナス、5回目の当たりはREGボーナス、

6回目の当たりはREGボーナス、

7回目の当たりはBIGボーナス

と続き出玉がどんどん増えていきつつ、投資した分はなんとかまくれそうな勢いであり、

全て100G以内にハイビスカスランプが点灯しているためハナ連モードに入っている感じとなっています。

あと数回連続でBIGボーナスを引けば、なんとか投資分には追いつきそうな感じでありそれを信じて打っておりましたが、

100G以内に連チャンすることはなく、ハナ連が終わり、

とりあえずは200Gぐらいまでまわしてやめようと思い打っていたら150Gぐらいでハイビスカスが点灯しBIGボーナスをゲットしましたが、

次の当たりは100G以内にこずといった感じであり、

ベルとかのおちも悪くなっていき、チェリーの出現とかスイカ子役の出現も少なくなってきたので見切りを行い、

コインを流しましたが、結局はマイナスの収支で終わりました、

なんだかんだいって3万円近くつっこんでいたため、1500枚以上の回収はできずであり、

流したコインは900枚ぐらいとなっていて、あの時200Gまで回さなければ1000枚弱はあったかもしれないなと後悔しておりましたが、

負けは負けなのでいさぎよく換金を行い家に帰った感じとなっています。

「ツインドラゴンハナハナ?30」はハナハナシリーズを継承していたりするので演出とかも同じのがありますし筐体が鮮やかでありつつ、

新感覚のプレミア演出とかも追加されていたりするので楽しめる台でもあります。

ウイングランプとかの光り方とかによっても状態が分かったりするのでハナハナシリーズがすき方にはもってこいな台かなと思っております。

ボーナス後のパネフラとかパネル消灯とかによって高設定であるかどうかを確認することもできますし、

REG中のスイカ揃いの左右についているキラキラロゴの光り方とか色によって設定を推測したりすることも可能となっているので楽しみの要素が多くありハナハナシリーズを継承していたりします。

今回は負けてしまいましたが、楽しい時間を過ごすことができたスロット台でもあったため、「ツインドラゴンハナハナ?30」また見かけた時は打とうかなと思っています。

「ツインドラゴンハナハナ?30」を打つ時はカチカチ君とかを持ってきたほうが良いかもしれないです。

ベルとかスイカ及びチェリーの出現率とかもしっかりと見たほうがいいのであります。