ここでは聖闘士星矢海皇覚醒のリセットを判別する5つの方法を紹介します。

ゲーム数前兆

聖闘士星矢のゲーム数前兆は内部ゲーム数依存です。

つまりリセットなら当日のゲーム数で、据え置きなら宵越しゲーム数で前兆が発生します。

通常モードなら100、300、500、700で、SP準備なら0、200、400、600、800で、SPなら0、100、200、300、400、500で高い確率で前兆が発生します。

(通常でも準備のゲーム数で稀に前兆が発生し、準備でも通常のゲーム数で稀に前兆が発生します)

よって、これら前兆の発生ゲーム数でリセットを確実に判別することができます。

例えば、前日250Gの台で50Gから前兆が発生すれば据え置き確定、100Gから前兆が発生すればリセット確定です。

また、前兆開始ゲームをほぼ確実に見抜く方法があります。

ゲーム数前兆開始ゲームでは「画面下部から光が沸き上がる演出」が確実に発生します。

(※ただし、小役、小宇宙ptが溜まる、のすべてを否定した場合のみ)

これが発生した時点でそのゲームから前兆が開始したことが確定するので、簡単かつ確実にリセット判別が可能となります。

小宇宙pt

小宇宙ptは据え置きなら当然持ち越され、リセットなら0になります。

また、据え置きの場合、液晶表示上は0からスタートになりますが、内部的に1000pt溜まった時点で足りない分が一気に告知される仕様となっています。

(例えば、前日500pt、当日480ptの状態で内部的に20ptを獲得した場合、そのゲームで+500ptと告知されてMAXになる)

小宇宙ポイント獲得数の振り分けは、

・通常時で10、20、30、50、100(100はレア役のみ)

・小宇宙チャージ中で20、30、50、100、200、300、500、700(弱レア役は100以上、強レア役は200以上、リプレイで500はなし、ハズレベルCBで700はなし)

なので、上記以外のポイントが溜まった時点で据え置きが確定となります。

稀にたまたま前日がキリのいいポイントで終わっており、振り分けのあるポイントと同じポイントが溜まってMAXになることもありますが、変な端数(280とか)が出れば据え置き確定です。

前日の最終ポイントをメモできていればより高い精度で判別できますね。

火時計点灯・消灯残し

火時計点灯・消灯中の台は電源オンオフではその点灯状態を引き継ぎます。

よって、前日火時計点灯・消灯状態で終わっている台が、当日朝一でそのままの場合は据え置き確定、デフォルトの白点滅に戻っていた場合はリセットが確定となります。

1Gも打たなくてもできる、リセット据え置き0確の判別方法です。

ちなみに火時計点灯とは、強レア役入賞・小宇宙ptMAX後に前兆終了時まで青or緑or赤で点灯するアレです。

バトル演出ガセ後に1メモリだけ残したままで放置されてる台なんかが稀にあります。

火時計消灯とは、強レア役入賞・小宇宙ptMAX後に前兆最終ゲーム(36G目)にヤメた場合になる状態です。

CB・リプレイ

これはどの台でもできる判別方法です。

前日出目がCB・リプレイでヤメられている台を1Gだけ打てば判別ができます。

リプレイならレバオンで反応しなければリセット、CBなら1Gだけ回して15枚ベルが入賞しなければリセットとなります。

ちなみにCB出目は下段に「ベル/槍付リプor右向き矢付チェリー/ベル」です。

即前兆系

星矢のリセット朝一状態には2つの恩恵があります。

それは、「1/2で強レア役からのGB抽選高確率状態へ」「約1/2で小宇宙チャージ高確率状態へ」移行するというもの。

なので、朝一でいずれかの高確が確認できた場合はリセットの可能性がかなり上がります

また、①の判別と同様に前日が100の倍数でヤメられていない場合に、0Gからのゲーム数前兆が確認できた場合はリセット確定です。

ちなみに、各高確の見極め方としては、

・何も引かずに火時計ステージ移行でGB高確濃厚

・何も引かずに小宇宙チャージ当選でCZ高確濃厚

・前兆ではないかつ小宇宙ptが溜まらなかったゲームで何かしらの演出が発生でいずれかの高確濃厚

といったところです。

注意点

すべての共通する注意事項として、「店員が意図的に回していない場合に限る」ということです。

これらは店員がリセットを据え置きに、据え置きをリセットに見せかけるために回してない限り有効となります。

せどりはパチスロと比べて外注化が簡単

外注化とは、人を雇う、もしくは外部のサービスに依頼して自分がやっている作業を代行してもらうことです。

パチンコで打ち子を使った外注化がありますが、トラブルが多いです。例えば、現金を持ち逃げしたりなどですかね。

そして安定的にお仕事を提供できるとは限りません。

一方せどりにも外注化があります。例えば、今までは

  • 仕入れ
  • 検品
  • 商品登録
  • 梱包
  • 発送
  • 管理
  • 経理

とせどりで利益を出すための一連の作業はこんなにも多いのです。

この中で利益に結び付くのは「仕入れ」だけです。

後の作業はあくまで商品を利益に変えるための付帯作業で直接の利益になりません。

例えば仕入れで時給3000円稼ぐことができるとします。

しかしほかの作業をする必要性があるために
トータルすると時給は1500円~2000円まで下がってしまうでしょう。

時給1500円として、8時間働くと12000円です。

これを例として、仕入れ以外のすべての作業を外注化した場合はどうなるでしょうか。

仕入れ以外の作業全てを時給1000円のスタッフを雇って代行してもらうとします。

すると、あなたは時給3000円の作業だけに集中することができます。

単純計算ですが、8時間で24000円稼ぐことができるようになるのです。

もちろん外注さんに支払う給料が発生しますので、ここからその分が引かれます。

ですが、仕入れ8時間に対して付帯作業は4時間もかからないでしょう。

なので大体給料が4000円として差し引き20000円。

自分ひとりでやっていた時よりも8000円多く稼げるようになるのです。

しかも外注さんに支払う給料は経費にすることができます。

そう考えると実質的に収入は倍近くになりますね。

もちろん分かりやすく書いているだけで実際はここまで簡単には行きませんが、外注化することでどのような恩恵が得られるかはざっくりと分かってもらえたでしょうか。

外注化のメリット

外注化することで得られる主なメリット以下の3つです。

スポンサーリンク

  • 時間が空く
  • 効率が良くなる
  • 事業の規模を拡大できる

一番のメリットは先ほども話したように余計な作業から解き放たれて時間が空くことです。

せどりというのは仕入れが命です。

仕入れをしないとお金になりませんし、売るものがなくなります。

その大事な仕入れは現状、あなたしかできません。もちろん僕のようにスタッフに仕入れて不労所得化もできます。

しかし仕入れをしたくても今ある商品を発送したり梱包したりしなくてはいけませんよね。

そのほかにも帳簿付けなどの作業も発生します。

商品の在庫確認の電話もしないといけません。

直接利益にならない作業とはいえ、大事な作業です。

やらないわけにはいきません。

この作業を含めてせどりの利益になるのです。

こんな中で1日仕入れの時間を確保するのは大変だと思います。

しかし外注に依頼してしまえば時間は丸々空くのです。

その間に自分しかできない作業をすることができます。

また、1つの作業に集中することにより作業効率そのものが良くなります。

作業というのは、一つの作業を8時間続ける方が効率が良くなります。

仕入れして、検品して、梱包して、といった作業を一人で行うと、どうしても作業効率は落ちてしまいます。

移動時間や作業の切り替え時間が無駄になりますからね。

だったら仕入れは仕入れ担当が、検品は検品スタッフが、梱包は梱包スタッフといったように1人が1つの作業に専念したほうが効率も良くなります。

小さい規模だとそれほど気にならないかもしれませんが、規模が大きくなってくると効率化というのは大事なポイントになってきます。

事業を効率化させることによって年間何十万円もの経費の無駄をそぎ落とすことができます。

最後は規模の拡大です。

人を雇うとあなたの時間が空きます。

すると仕入れに時間を使えるほか、仕入れスタッフを教育する時間も生まれます。

仕入れを含むすべての作業を外注化できればあなたの時間は完全に空きます。

そうしたら今度はまた仕入れを始めてさらに利益を増やしてもいいでしょう。

もしくは完全に経営側に回り、さらにスタッフを教育して人数を増やして会社の規模を大きくしてもいいでしょう。

教育されたスタッフが増えれば増えるほど会社は大きくなり、それに伴って利益も増えます。

そのうち僕のようにあなたが働かなくても多くの利益が出せるようになります。

逆にあなたがいつまでも現場作業を行うことによって、「労働時間=収入」という時間労働から脱却することができません。

1日の時間が24時間と決まっている以上、時間労働では出せる利益に限界があります。

外注化のデメリット

外注化にはデメリットもあります。

  • 給料を支払う必要がある
  • 責任が発生する
  • 教育コストがかかる

人を雇うとお金がかかります。

都市部なら1000円以上、地方でも800~900円以上の時給を支払う必要があるでしょう。

また、雇用形態によっては保険にも加入する必要があり、月々の費用負担はさらに増えます。

経費にできるといっても節税の恩恵を受けられるのは来年の話で、現金は減ります。

また、人を雇うということはその人の生活の責任を負うということでもあります。

スタッフもその収入をあてにして生活設計をしているはずです。

仕事がないからといって仕事を断ったり急に辞めてもらうこともできません。

雇った以上、その人が安心して仕事ができる環境を確保する必要があります。

そのためには仕事がなくならないように努力しなければいけません。

自分一人なら収入が無くても困るのは自分だけですが、スタッフを雇った時点で事業はあなた一人のものではなくなるのです。

その責任が発生するのがデメリットです。

また外注を雇うといっても、世の中にせどり経験者なんてそうそういません。

雇ってもすぐに戦力として使えるようにはなりません。

一人で作業ができるようになるまでは時間とお金がかかります。

それまではあなたが付きっ切りで作業を教え込む必要があり、この間に発生する給料は完全にマイナスです。

このような先行投資の必要がある点も大きなデメリットです。

せどりの情報を無料で限定公開しています。

僕がせどりでメインに扱っている商材はゲームです。

どのくらい早いスピードで売れるかと言ったら商品によっては1日以内に売れる事が普通にあります。

さらに、ゲームは1年中ずっと売れます。例えば、クリスマスです。

クリスマスと言えばゲームは鉄板ですよね。この時期は驚く程売れます。

昔に発売された「中古ゲーム」に至ってはほとんど「相場」が変わりませんから、「赤字」になりにくいのです。

ゲームは商品数が少ないので覚えやすいのです。

店鋪に置いているもので仕入れる対象となる狙い目商品はせいぜい500種類~1000種類程度です。

この程度であれば、数ヶ月続けていれば普通に覚えられるレベルです。

一度覚えた商品は何度も繰り返しリピート仕入れできるので最初に頑張って覚えてしまえばどんどん仕入れが楽になります。

そしてゲームは仕入れられる場所が多いのが特徴的です。

都会に住んでいる人でなくても十分に仕入先があります。

ある程度スキルが付けばライバルが少ないので独占できる田舎の方が有利な場合も多いです。

ゲームは1商品あたり500円~2,000円程度の利益が取れる商品がボコボコあります。

ゲーム機本体だと1商品で5,000円や1万円の利益が取れるものがあります。なので、仕入れが安定しやすいですし、10万円くらいすぐに稼げるのです。

もちろん各店舗ごとのな狙い目や今熱い商品などがあるのですが、それらは有益な情報な為ブログでは公開できません。

僕がこっそりと稼ぎ続けている方法と思考をLINEで公開しています。

もしLINEの内容があなたにとって有益ではないと判断したらワンクリックで解除することが出来ますのでご安心してください。もちろんお金は一切かかりません。

以下のページから簡単にLINE登録出来ますよ♪

スポンサーリンク