設定判別・設定差解析まとめ

ボーナス終了画面

夕方


◎奇数設定示唆


◎偶数設定示唆

原画


◎設定2以上確定

家族3人


◎金太郎チャンス非突入なら設定4以上確定

家族4人


◎設定5以上確定

引き戻しゾーン中の竜太出現パターン

残りG数 下から 上から デカ竜太
44G 設定4以上確定 設定5以上確定 設定6確定
33G 奇数設定示唆 設定5以上確定 設定6確定
22G 偶数設定示唆 設定5以上確定 設定6確定
11G 設定2以上確定 設定5以上確定 設定6確定

エンディング中のキャラ

リプレイ成立時

キャラ 示唆
ペンギン 通常
グリズリー 奇数設定示唆
カンガルー 偶数設定示唆
チンピラ 設定6確定
ミイラ 設定6確定
アメフト 設定6確定

ベル成立時

キャラ 示唆
チンピラ 通常
アメフト 奇数設定示唆
ミイラ 偶数設定示唆
ペンギン 設定2以上確定
カンガルー 設定4以上確定
グリズリー 設定6確定

AT初当たり

金太郎ルーレット 金太郎チャンス
設定1 1/319 1/760
設定2 1/309 1/736
設定3 1/303 1/713
設定4 1/296 1/695
設定5 1/289 1/669
設定6 1/282 1/653

小役確率

通常時

弱チェリー 強チェリー チャンス目
設定1 1/78.0 1/437 1/303
設定2 1/77.6 1/410 1/298
設定3 1/76.8 1/386 1/293
設定4 1/76.1 1/364 1/287
設定5 1/75.4 1/345 1/278
設定6 1/74.7 1/328 1/273
合算
設定1 1/54.5
設定2 1/53.5
設定3 1/52.5
設定4 1/51.6
設定5 1/50.6
設定6 1/49.8

機種まとめページ

ハマり過ぎてヤバかった|読者実践稼働日記

結婚をしていて、子供が小さいのでなかなかパチンコには行けなくなりました。

行けたとしても月に1回くらいになってしまい、パチンコに行けるのが待ち遠しくなっていました。

そんなある日、たまたまパチンコに行ける機会がありました。

久しぶりのパチンコだったので、ウキウキしながら早起きをしてパチンコ店に向かいました。

そして、選んだ台はというと北斗無双です。

これまで、何度も打ってきた台です。

当たってSTにさえ入ってしまえば、万発は余裕で出るという最高のスペックの台です。

朝一だったので、台の確保は出来ました。

そして、自動販売機でコーヒーを買い台につきました。

打ち始めて、40回転くらいに赤保留が直で入りました。

これは、かなり熱いと思いハンドルから手を離しました。

当該保留になり、いきなり白ロゴ落下、真ん中に赤フラッシュから始まり、そのまま疑似3までいきました。

そして、運命の女リーチにいき、保留が赤保留から金保留にあがりました。

この時、心の中でガッツポーズをしました。

実際にガッツポーズをするのは恥ずかしくて出来ませんでした。

しかも、外したらかなり虚しいので。

リーチの状況はというと、緑の七星フラッシュが起きて、壁にキリン柄が出て、最後に赤の七星フラッシュが起きて、なんとか当たりました。

こんなに早くに当たったので、今日の勝ちは決まったかなと思いました。

ただ、問題はここからです。

この当たりがSTに入るかどうかで、天国か地獄か決まるといっても過言ではないです。

そして、STに入る事を祈りながら画面を見ていると無事にSTに入りました。

その瞬間に今日は勝ったと確信しました。

しかし、悲劇はここからでした。

北斗無双のSTは130回あり、継続率はなんと80%という高継続の台なんですが、この130回の間に一度もリーチになる事もなく駆け抜けてしまいました。

久しぶりのパチンコで、これは精神的にキツかったです。

でも、まだ朝一で当たったので時間はまだまだあったので、これから頑張れば勝てると自分に言い聞かせて2回目の初当たりを求めて出玉を使って打っていきました。

そんな簡単には北斗無双は当てさせてはくれません。

それは、これまで何度も打ってきたのでわかってはいました。

それでも、周りの台が初当たりを取って、STも取って連チャンしているのを見ると焦ってきている自分がいるのがわかりました。

300回転くらい回しましたが、熱いリーチが一切こなくなっていました。

これはヤバイなと思っていたら、何でもないようなリーチから一撃当千にいき、なぜかキリンカットインが出て当たりました。

ところが、ST昇格することはなく時短100回に突入しました。

しかも、特に何も起きることもなく時短100回は過ぎてしまいました。

心が折れそうになって、このまま帰るのか、それとも台移動するの迷いましたが、せっかく久しぶりに打てるのに帰るのはもったいないと思い、店内に良さそうな台がないかウロウロしたのですが、良さそうな台がなかったので、結局北斗無双の台を打つことにしました。

釘の状態は良く、1000円で20回転以上は回っていたのが唯一の救いでした。

回し始めましたが、赤保留は何回もきたのですが、強い演出やチャンスアップがこなかったので、当たることはありませんでした。

そのまま回し続けて、気がついた時には1000回転を回っていました。

そこまで回してしまうと、麻痺してしまいお金を何も考えずに入れてしまっていました。

こんなに回したんだから、もう少ししたら当たるだろうと辞めるに辞めれませんでした。

その考えがヤバイんだろうなって後から考えたら、思いましたが、その時は思いませんでした。

しかし、手持ちがなくなったので実践終了しました。