この記事では、パチスロで勝つための重要な要素として、リセット・設定変更・据え置きについて解説していきます。

リセットとは

まず、リセットとはパチスロの設定を1⇒1などの同一設定へ打ちなおす事をさします。

ゲーム数はリセットされ、モードや状態も再抽選されます。

設定変更とは

設定変更は、その名の通り設定を変更することで、例えば「設定1⇒設定2」などの意味です。

こちらもリセットと同様にゲーム数はリセットされ、モードや状態も再抽選されます。

設定変更とリセットの違い

どちらも天井までのゲーム数はリセットされ、モードや状態も再抽選されるので、天井狙いやゾーン狙いにおいては、基本的に同じものだという認識で問題ありません。

設定変更の流れ

台の設定変更はまとめてコンピュータでまとめて設定変更するわけではなく1台1台ドアを開けて設定変更するため1台に1分~2分ぐらいかかります。

  1. 電源を切る
  2. 設定変更キーを差し込み右に回す
  3. 電源を入れる
  4. 設定変更ボタンで好みの設定にする
  5. 好みの設定になったら、1度レバーを叩く
  6. 設定キーを抜く
  7. ドアを閉めて設定変更完了

設定変更手順動画

設定変更(リセット)は誰がやるのか?

基本的に設定変更などできるのは店長や設定師など、偉い方のみです。

また、外部のコンサル会社に依頼することもあります。

設定変更(リセット)のタイミング

『閉店後の深夜』か、『開店前の早朝』です。

設定漏えいのリスクを減らす為にも設定を変更する時は、なるべくホールに人が少ない時に変更します。

アルバイトが全員帰ってから(出勤前)か、社員も含めて、全員が帰ってからということになります。

また、シマ全体を封鎖して設定変更するホールもあります。

設定変更(リセット)する理由

パチスロは設定ですべて管理しているので、営業利率の調整が必要だからです。

また、いつも据え置きだと打ち手からすると、「このホールはいっつも据え置きだから設定が入っていない」と思われるからです。

設定変更(リセット)の影響

リセット・設定変更されると、どちらとも天井までのゲーム数はリセットされ、モードや状態も再抽選されます。

すなわち、前日の天井狙い(宵越し天井狙い)をしていると、前日のゲーム数がリセットされるので大ダメージです。

どんな台が対象となるのか?

基本的にはホールによりますが、Aタイプのジャグラーやハナハナは老若男女問わず人気があるので毎日全台設定1みたいなホールはあまりないと思います。※よっぽど人がいないホールだとあり得ます。笑

また、さきほど紹介した動画のように1台変更するだけでも1分~2分ぐらいかかり、台数が多い大きいホールほど設定変更する時間が相当かかるので全台設定変更するのは考えにくいですね。

もちろんイベント日などは全台変える可能性はありますし、看板機種は毎日設定変更する、新台導入日や土日だけ全体設定変更する、といったこともあるのでホールによってまちまちです。

他にもハイエナを防止する為、深いハマリのゲーム数だけリセットしたり、リセット恩恵が強い台だけを変更したりリセットしてから一定のゲーム数まで回るホールもあります。

宵越し天井可能台

これは、設定変更&リセットをしても前日ハマりゲーム数がリセットされない台のことを言います。

ユニバーサルのバジリスク2やvivaドンなど宵越し天井可能台として有名です。

据え置きとは

据え置きというのは、設定変更もリセットも行わず、ただ電源を切るだけです。

ゲーム数は前日の最終ゲーム数を引き継ぎ翌日から引き継いだゲーム数から再開出来ます。

例えば前日400Gヤメの機種が据え置きなら、当日データカウンター上では0Gでも400Gハマっているのと同じことになるわけですね。

これを利用して、宵越し天井狙いが可能になります。

ただし電源を切ることで、機種によってステージやモードや状態も再抽選されることがあるので必ず機種ごとの特徴を抑えておきましょう。

せどりなら止め打ち捻り打ち禁止店でも問題なし

パチンコホールというのはホールコンピューターによって出玉状況等を把握しています。

なので、何回目の大当りでどれくらいの出玉があったとかわかるわけですね。

スポンサーリンク

で、事務所ではこのデータチェックというのを約1時間に1回行います。

異常にスタートが多い
(回転数が多い)

平均より出玉が多く出ている
(止め打ちや捻り等)

いわゆるデータ異常が起こっている事象に対して原因を探るわけです。

台の裏にアウトに流れた玉を流すためのアウトボックスというものがあって、そこが詰まっているとデータ異常になります。

「すみません、後ろで玉が詰まっているようなので開けさせて頂いてよろしいですか?」

こんな事言われた経験のある人もいるんじゃないでしょうか。

こういう場合は、後ろで玉詰まって異常なってるんで玉を流させてね!という事です。

それが原因で確変が止まった、とか言ってた人もいましたがそんな事はありえないので安心してくださいww

で、止め打ちとか捻り打ちしてると普通の人が打ってるより出玉が出ているってハッキリデータで出るんで止め打ち・捻り打ちをしているのをバレないように実施していたとしてもデータでバレバレなんですよね。

ただ、禁止しているホールではそもそもやっちゃダメなんですけどだから、こっそりやってたらバレない!と思っている人もいるかもなんですけど残念ながらバレます

一方せどりでは歴が長い方はご存知かと思いますが昨今、一部の店舗では「赤外線バーコードリーダー」いわゆるビームですがこれを使った商品リサーチが禁止となっております。

一般のお客様がビームを使うことはないため「同業者」や「転売屋」と判断し注意を行う店舗がございます。

それらの対策は簡単です。手打ち検索でのリサーチをオススメします。

多くの仕入れツールでは

キーワード検索JANコードのキーボード入力が可能です。

商品名やJANコードを使ってリサーチを行いましょう。

スマホで文字を打っているだけならば

一般のお客様でも以下のような方がいるため注意の対象とはなりません。

  • メールやラインなどの利用
  • ネット価格との比較
  • レビューや口コミの確認
  • 買い物メモや電卓機能の利用

ビームを使ったリサーチに比べ検索スピードは下がりますがライバルが敬遠する「手間」が「お宝商品の発見」へ繋がります。

せどりの情報を無料で限定公開しています。

僕がせどりでメインに扱っている商材はゲームです。

どのくらい早いスピードで売れるかと言ったら商品によっては1日以内に売れる事が普通にあります。

さらに、ゲームは1年中ずっと売れます。例えば、クリスマスです。

クリスマスと言えばゲームは鉄板ですよね。この時期は驚く程売れます。

昔に発売された「中古ゲーム」に至ってはほとんど「相場」が変わりませんから、「赤字」になりにくいのです。

ゲームは商品数が少ないので覚えやすいのです。

店鋪に置いているもので仕入れる対象となる狙い目商品はせいぜい500種類~1000種類程度です。

この程度であれば、数ヶ月続けていれば普通に覚えられるレベルです。

一度覚えた商品は何度も繰り返しリピート仕入れできるので最初に頑張って覚えてしまえばどんどん仕入れが楽になります。

そしてゲームは仕入れられる場所が多いのが特徴的です。

都会に住んでいる人でなくても十分に仕入先があります。

ある程度スキルが付けばライバルが少ないので独占できる田舎の方が有利な場合も多いです。

ゲームは1商品あたり500円~2,000円程度の利益が取れる商品がボコボコあります。

ゲーム機本体だと1商品で5,000円や1万円の利益が取れるものがあります。なので、仕入れが安定しやすいですし、10万円くらいすぐに稼げるのです。

もちろん各店舗ごとのな狙い目や今熱い商品などがあるのですが、それらは有益な情報な為ブログでは公開できません。

僕がこっそりと稼ぎ続けている方法と思考をLINEで公開しています。

もしLINEの内容があなたにとって有益ではないと判断したらワンクリックで解除することが出来ますのでご安心してください。もちろんお金は一切かかりません。

以下のページから簡単にLINE登録出来ますよ♪

スポンサーリンク