ボーナス解析

ルパン三世~イタリアの夢~ ボーナス解析

MAXボーナス

・疑似ボーナス
・純増約9.0枚/G
・青7揃いorBAR揃いから突入
・34G継続
・平均306枚獲得
・ボーナス開始時と消化中のレア役でVストック抽選
・Vストック時はMAXボーナス1G連確定

ルパンボーナス

・疑似ボーナス
・初当たり時のみ突入の可能性あり
・青7/青7/BARから突入
・15枚役5回成立で終了
・消化中は「極・銭形共闘」を抽選

機種まとめページ

大好きな北斗の拳シリーズのパチンコ最新作!!打たずにはいられない北斗の拳の魅力!|読者実践稼働日記

私は普段からパチンコもスロットも両方打ちます。

朝一は基本的にスロットを打ち、設定が入ってなかったり負けがこんできた時は、パチンコへ移動してミドルスペックやライトミドルを打ちます。

大好きなシリーズが導入された初日は朝からパチンコへ行く事もあります。

北斗の拳や花の慶次、エヴァンゲリオンなどのシリーズは新台が出る度に必ず一度は打ってみます。

その中でも私は北斗の拳のアニメが大好きで、スロットも四号機の頃から北斗の拳ばかり打ってきました。

パチンコもMAX機があった頃に沢山稼がせてもらい、当時は一回の大当たりで2400発出る事もありました。

それが連チャンするとなったら、出玉は20000発くらい余裕で出ます。

しかし、今は規制が厳しくなり10000発出すにも一苦労。

サミーの機種は、なるべく多い出玉を出す為に、継続率よりも出玉を重視する傾向にあるようです。

今回導入された新作「北斗の拳8覇王」も厳しい規制の中、出玉を増やす事に特化した台です。

ミドルスペックで、確変継続率は66%と少なめですが、出玉は最高1500発出る台です。

この台の最大の魅力は、小当たりラッシュが搭載されている事です。

確変中、小当たりラッシュが発動し、その確率は約1/1.19でありハマればハマるほど小当たりで出玉を増やす事が出来ます。

私が初めて打った時は、3連チャンと連チャン数は少なめですが、出玉は5000発ほどありました。

10Rが引けなくても、連チャンするほど出玉が確保できる台なのです。

初当たりを引いてから、私はこの台にハマり今は北斗の台しか打っていません。

先日、スロットで2万円ほど負けており、手持ちは残り1万円しかありませんでした。

スロットの天井狙いをして回収するか、パチンコで一発当てるか悩みに悩んでパチンコを打つ事にしました。

そのパチンコ店は、北斗の拳を10台導入しており、北斗を打つお客さんは5人ほどいて残りの台から打つ台を探し始めました。

私がパチンコ台を選ぶ基準は、まだ大当たりの出ていない台かハマり台をよく選びます。

その時私が見つけた台は、400回転ほどしているまだ当たりのない台でした。

私はその台に決め、1万円投資しました。

ちょうど3千円を使った頃、保留が緑に変化。

緑保留に期待を込め、演出に注目していると疑似連2回から強敵ZONEへと発展。

超強敵ZONEの方が信頼度は高めですが、入っただけまだ良しです。

エフェクト赤から北斗の拳役物落下で、ジュウケイVSヒョウリーチへ発展で期待大となりました。

肝心なカットは期待度アップのキリン柄!

ボタンプッシュで見事大当たりを引き当てました。

本番はまだまだこれからであり、至福を手に入れる為に50%を引かなくてはなりません。

私、初回で50%引く台はとことん外して単発が多いのでいつもここで不安になります。

大当たり演出はケンシロウVSラオウで、ラオウに勝利する事が出来れば確変突入です。

ラオウの一発パンチを喰らい、ボタン連打発生!

私は力強く連打しました。

すると、ケンシロウは立ちあがり確変確定となりました。

越えられない50%の壁を越えると、ガッツポーズしたくなるくらい嬉しいです。

確変中は小当たりラッシュで出玉を増やしながら、10R大当たりを狙います。

すぐに大当たりを引き、10Rも難なく引く事が出来ました。

結果9連チャンして、そのうち10Rは6回、4Rを3回引いて終わる事が出来ました。

出玉にすると、13000発ほど出す事に成功しました。

小当たりラッシュが無かったらもう少し少なかったですが、小当たりラッシュのおかげで大量出玉を獲得する事が出来ました。

北斗の拳を打った後だと、他の台が打てなくなります。

50%を引く事と継続率が66%しかない事のリスクはありますが、今の時代えでは十分勝負出来る台だと思います。