閉店時間による期待値の変化

パチンコ屋さんは閉店時間があります。(地域やお店によって違います)閉店時間を迎えると強制的にやめざるを得ない状況になりますね。

閉店時間まで30分、残り350ゲームで天井の台があったとすると天井到達したとほぼ同時に閉店時間を迎える事になります。この場合は期待値がない事がすぐにわかりますよね?

残り1時間なら?
残り2時間なら?
残り300ゲームなら?
残り200ゲームなら?

期待値がどう変わっていくかによって打つべきか打たないべきかが変わってきます。

という事で今回は閉店時間が期待値にどう影響を及ぼすのかを解説していきます。ご覧ください。

期待値をもう一度確認

スロットにおける期待値とは

平均獲得枚数-平均投資枚数

になります。

期待値とは

天井狙いが勝てる理由

閉店時間を考慮すると何が変わるのか?

閉店時間を考慮すると何が変わるのでしょうか?

そうです。獲得枚数が変わります。獲得枚数が変わるという事は平均獲得枚数も変わるという事になりますね!

平均獲得枚数がどう変わるのか?

これは閉店時間を迎えた時間以降の獲得枚数分がなくなるという事になります。なので

・純増枚数が少ない機種ほど平均獲得枚数は減る
・爆発的な枚数が出やすい(もしくは分布が多い)機種は平均獲得枚数は減る

という事になります。

ミリオンゴッド・神々の凱旋

左側が閉店時間なしの期待値

※値は設定1のもの
※AT後32ゲームやめ
※天井期待枚数1200枚で算出

右側が閉店時間まで残り100分の期待値

※値は設定1のもの
※AT後32ゲームやめ
※最高8ストック消化で閉店

になります。

投資分が回収できるからいいんじゃないの?

「最大投資分が回収出来る時間なら問題ない」と思っている方もいらっしゃいますがこれは間違いです。

ミリオンゴッド神々の凱旋(純増3.0枚)を例に例えると

スポンサーリンク

700ゲームから打ち出して天井到達までが680ゲームなので最大投資が1,560枚
純増が3.0枚なので520ゲーム回せば1,560枚が回収枚数
つまり1,200ゲーム回せる時間(約85分)なら問題ない

という考え方です。

期待値は、あくまでも「平均獲得枚数-平均投資枚数」になります。

例でいう、1,560枚を超える獲得枚数を含めた平均値が期待値になりますので期待値は大幅に下がります。

せどりはパチスロと比べて喜ばれる

以下がお客様に頂いた評価です。↓

amazon 評価

このようにお客様が探している商品をこちらが提供出来るという素晴らしいビジネスです。

また、お客様からの信頼を積み重ねると再度注文して頂けます。^^

なによりお客様の評価や信頼がせどりのモチベーションに繋がります。

パチスロの場合は同業者やお店、一般客までも妬まれ煙たがられます。

せどりの情報を無料で限定公開しています。

僕がせどりでメインに扱っている商材はゲームです。

どのくらい早いスピードで売れるかと言ったら商品によっては1日以内に売れる事が普通にあります。

さらに、ゲームは1年中ずっと売れます。例えば、クリスマスです。

クリスマスと言えばゲームは鉄板ですよね。この時期は驚く程売れます。

昔に発売された「中古ゲーム」に至ってはほとんど「相場」が変わりませんから、「赤字」になりにくいのです。

ゲームは商品数が少ないので覚えやすいのです。

店鋪に置いているもので仕入れる対象となる狙い目商品はせいぜい500種類~1000種類程度です。

この程度であれば、数ヶ月続けていれば普通に覚えられるレベルです。

一度覚えた商品は何度も繰り返しリピート仕入れできるので最初に頑張って覚えてしまえばどんどん仕入れが楽になります。

そしてゲームは仕入れられる場所が多いのが特徴的です。

都会に住んでいる人でなくても十分に仕入先があります。

ある程度スキルが付けばライバルが少ないので独占できる田舎の方が有利な場合も多いです。

ゲームは1商品あたり500円~2,000円程度の利益が取れる商品がボコボコあります。

ゲーム機本体だと1商品で5,000円や1万円の利益が取れるものがあります。なので、仕入れが安定しやすいですし、10万円くらいすぐに稼げるのです。

もちろん各店舗ごとのな狙い目や今熱い商品などがあるのですが、それらは有益な情報な為ブログでは公開できません。

僕がこっそりと稼ぎ続けている方法と思考をLINEで公開しています。

もしLINEの内容があなたにとって有益ではないと判断したらワンクリックで解除することが出来ますのでご安心してください。もちろんお金は一切かかりません。

以下のページから簡単にLINE登録出来ますよ♪

スポンサーリンク