スペック・解析

天井性能

・天井性能は無し

ボーナス合算確率

設定1 1/172.5
設定2 1/166.3
設定5 1/159.1
設定6 1/149.6

機械割

設定1 98.0~100.5%
設定2 99.9~102.3%
設定5 103.1~105.4%
設定6 106.1~108.5%

機種まとめページ

2009年4月ホールデビュー|読者実践稼働日記

初めてホールに運びスロットのにはまっていくまでのきっかけになる話になります

その日は学校が休みでとくになにもすることがなく、まちをぶらぶらしてときに、トイレを使いたく近くにあったパチンコ屋に入ると、今まで一度も入ったことがなく
最初の印象『くさっ!』とたばこのにおいがすごい店、あと音もうるさいしよくこんなところで長時間もいれるなと思いながらトイレを利用しトイレを出た後ある台が
目に飛び込み打ったことないけどちょっと遊んでみるかと思い、ゲーセンなどでスロットはあそんでいたのでその感覚で席に座りコイン投入が1000円札を
打った機種が『忍魂』という機種

よくわからず打っていると1万円を入れ終わった頃にボーナスが当たりそこから一気に連ちゃんをし5000枚くらいで終わりそろそろ
帰ろうかなと思ったころにまた連ちゃんが続き、よくわからずその日だけで20万くらい両替をし『スロットめっちゃ簡単』とビギナーズラックを決めそこからスロットにどっぷりはまっていき

毎週学校が休みの日には毎朝スロットをうちに行き、特に勉強もせずただ回して演出を楽しんでいるだけの学生その為、
『ジャグラー』などはその時おじいちゃん、おばあちゃんが楽しむ台として考えており全く打たず(今は一番難しく奥が深い機種だと思っています)

液晶ありのスロットしか打っておらず、設定看破など一切せず、楽しく稼ぐ事しか考えていませんでした、もちろん勝つ日もあるけど、ほぼほぼ負けており
その時にホールでサラリーマン風の人に『毎回何を根拠に打ってるの?』と急に声を掛けられ(この人が自分にスロットを教えてくれた人になります)

なんだこの人とその時思い、自分は『特に根拠というよりはそろそろ出るかなと思って打ってます』と伝えると、あきれた顔で
『じゃあちょっとスロットのバイトしてみない?どうせ打つんなら負けるより、勝ったほうがいいでしょ?』と言われ、その時自分はやばい人に声かけられたと思い
断ろうと思ったのですが、勢いにまけて1回だけならという事でバイトをしました、(資金はその人が出してました、後々しりますが打ち子というバイトだった)

指定された台がなんと自分が馬鹿にしていた、ジャグラーこんな台でるのかよと思いながら簡単だからいいかと思い店に入る前に黒い板状の物を渡されて
『これでぶどうを数えて』と言われて、回しているとその人が定期的にその数を見に来て、『回してていいよ』だけ言ってまた来てという事を繰り返し、よる21時くらいで
よくわからずその台だけで8000枚くらいでました、ジャグラーってこんなにでるんだと思い、その後その人と晩御飯を食べて、バイトを受け取り、今日の立ち回りに関して
いろいろ話を聞いたら、その時設定看破を行って続行を決断しているとの事だった、その時勝つための根拠をいろいろ話を聞いていくと、かなり奥深い事に驚愕し
その人から聞いたことで
まず勝つためにはデータ収集と店の癖を見つけて、あとは打っている際には続行する為の根拠を必ずもって打つこと

『合算がいいから』『子役の落ちがいいから』とか持って打つ事、そうすれば、仮に間違っていても次に打つ時には同じ根拠だけで続行するという事がなくなるから
かならず、そのような根拠を持って打つことが大事になるという事を教わり、その時になんで自分に声をかけたのか聞いたところ、結構な頻度にホールにいるからとの事
しかも専業でやっている人ではないと思い声をかけたとの事、またバイトやるか聞かれたときに、続けますという事とあとあともめたくなかったため、事前に
いろいろ勉強させてもらうため、時給は向こうから提示があった金額より200円低くていいと伝え、ただ後々同じ攻め方を自分がするかもしれないという事を伝え
向こう側も了承してくれ、スロットにのめりこんでいきました。