まこまこたいむ解析

G1優駿倶楽部2 まこまこたいむ解析

・AT中に突入するストック上乗せ特化ゾーン
・まこまこどらいぶの上位ゾーン
・AT中のレア役やセット継続時の一部で突入
・11G継続
・消化中は全役でストック抽選
・消化中はV揃い確率が約1/10にアップ
・平均ストック個数は4個

機種まとめページ

個人的にとても気に入っているCRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア|読者実践稼働日記

昔から現在に至るまでずっとパチンコを実施しており、楽しい一時を過ごすことができています。

その中でも現在気に入っているパチンコ機種として、CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアをよく遊戯しています。

今でも根強い人気を誇っており、色んなパチンコ店で設置されているCRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアなのですが最初はあまり魅力的なパチンコ台と感じませんでした。

まず女性キャラクターがメインのパチンコ機種を敬遠していたのが関係しています。

どちらかというと男性キャラクターが闘いを繰り広げていくもしくはロボット系のパチンコ台が好きだったので、打つのを躊躇っていました。

その他にもメーカーとの相性があまり良くなかったのも関係しており、大勝ちした経験があまりなかったです。

SANKYOさんよりも他のメーカーの方が正直相性がよく、大勝ちした経験もあったので自然と避けていました。

ただスペックをチェックしてみるとシンフォギアチャンスにさえ突入してしまえば、高継続する可能性があることを知りました。

ラウンドの割合も決して悪くなく、良い方向に傾けば、一気に万発を入手できるチャンスだったので挑戦してみたのがきっかけです。

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアを初めて遊戯して、最初の当たりは今でもはっきりと覚えています。

いきなり画面がフリーズし、「なんじゃこりゃ?」と思ったらいきなり数字が揃っていて、大当たりしていました。

海物語シリーズよりもシンプルな当たり方をしたので、あまりにも衝撃的で今でもはっきりと覚えています。

そして最終決戦に挑戦することになり、雪音クリスと風鳴翼しか出てこなかったので、「当たってないな」と思いました。

最終決戦4回転目の雪音クリスで何の演出もなく、「外れたな」と思って適当にボタンを押した結果、何と大当たりしました。

「は?」となり、ここでも大きな衝撃を受けたことを覚えています。

そこからシンフォギアチャンスに突入し、立花響を選択して色々と演出を楽しませてもらいました。

最終的には初めて遊戯したにも関わらず、18連することができ、約15000発ほど出玉を獲得できて大変嬉しかったです。

正直ライトミドルでここまで出玉を獲得したことはなく、大当たりが継続することもなかったです。

ここまで破壊力があるパチンコ台だと思わなかったので、初めて遊戯した後はCRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアばかり遊戯しています。

良い部分がたくさんあるCRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアなのですが、残念ながら悪い部分もあります。

まずは人気機種なので、中々回転数の良いCRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアに出会うことができないです。

パチンコ店によっては、びっくりするほど回らない時があるのでさすがにその時は遊戯しないようにしています。

また当たる時と当たらない時がはっきりとしており、あまりにもリーチや演出にメリハリがありすぎるのも良くないと個人的に感じています。

絶唱演出や聖詠演出が発生することによって、高信頼度のリーチに発生するのですが片方だけだとリーチ信頼度が激減します。

特に装者リーチやロングリーチは、残念なほど当たらないのでもうちょっと信頼度を高くしてほしいです。

その他にも爆発力を秘めているパチンコ機種なのですが大当たりが連続する時としない時の差がはっきりしているので、もうちょっと波を抑えてほしい部分があります。

それでも一度爆連を経験してしまうとついつい遊戯してしまうパチンコ機種なので、今も好んで遊戯しています。

一番嬉しいのはシンフォギアチャンスに突入してVストックをした時で、最高3つのVストックをした時は脳汁が溢れだしました。