小役確率・解析

G1優駿倶楽部2 小役確率

通常時

弱チェリー 弱チャンス目 強チャンス目 合算
設定1 1/81.9 1/149 1/298 1/44.9
設定2 1/78.8 1/147 1/287 1/43.5
設定3 1/75.9 1/145 1/278 1/42.3
設定4 1/73.1 1/143 1/269 1/41.0
設定5 1/70.6 1/141 1/256 1/39.8
設定6 1/68.3 1/139 1/241 1/38.5
リプレイ ベル スイカ
設定1~6 1/5.7 1/6.2 1/99.9
強チェリー 中段チェリー
設定1~6 1/497 1/16384

AT中

シングルV揃い ダブルV揃い
設定1~6 1/585 1/4096

機種まとめページ

CRFクィーン2018 はゲーム性がなかなかいい|読者実践稼働日記

パチンコ台として名が知られている「CRFクィーン2018」となっていますが、

あのフィーバークイーンシリーズの台となっていて、大当たり確率が1/106となっているので当たりやすく、

16Rに昇格する可能性もそれなりにあったりするので楽しめるパチンコ台となっています。

こちらの台を先日ですが、ホールのほうで打たせてもらったけど、

ゲーム性が楽しく演出とかもフィーバークイーンシリーズと一緒のものとなっているため、

個人的には嬉しい台でもあり、サクッと当たることも多くあるので手堅く勝つことができればいいやという気持ちで打っていけど、

ハマる時は普通に300Gハマりとか500Gハマりとかくらうこともあるのでそれも視野に入れて打っていたけど、

案の定ですが200Gぐらいハマりようやく当たりを引いて、

5Rでしたがその後はSTと時短がついてくるのでそこでなんとか挽回したいと思い打っていたら、

ST中に当たり再び5Rゲットしていい感じに出玉を増やし、

2回目の当たり以降もSTとか時短で当たりを引き戻し、

なんとか持ちこたえる感じでありますがなかなか16Rがこず5Rばかりの展開ではありますが、

出玉が着実に伸びていっている感じとなっています。

この時は既に投資が1万円以上超えていたため、

なんとか投資分ぐらいには追いつきたいと思いながら打っていた感じであり、

連チャンは7連ぐらいで終わりましたが、一箱山盛りぐらいまで玉を出すことができたため、

継続するかどうか迷っていましたが、玉の流れもよくリール始動のチャッカーに入ってくれるため、

様子を見ることになり、とりあえずは150Gぐらいまで回してやめようと思い打っていたら、

100Gぐらいで再び初当たりを引いて、それがなんとセグランプみたら16Rになっていたため、

思わず小さくガッツポーズをとっていた自分がいます。

「CRFクィーン2018」の16Rは約1280個出玉が取れるため、

一箱平盛りぐらいにすることができたるため、減っていた1箱目の出玉が回復を行い二箱目の半分ぐらいまで出玉を盛り返すことができ、

これなら勝てると確信しSTと時短にかけ、そこから5連チャンぐらいしてくれたため、

なんとか二箱目も山盛りにすることができ、STや時短を完全に抜けたあとすぐにやめて玉を流した感じとなっています。

山盛りになっている二箱を流したら3800個ほど出玉があったため、

なんとか投資分に追いつきプラス域に持っていくことができ、手堅く勝利というわけではありませんでしたが、

まくり勝ちという結果を実践を終えた感じとなっています。自分が打った「CRFクィーン2018」はよくまわる台であったため、

玉を節約することができ、無駄な玉を減らさずにすむことができております。

「CRFクィーン2018」の真骨頂は大連チャンすることもあったりするため、魅力があったりするのであります。

シンプルでありドラムロールの盤面でもあるので無駄な演出もなくシンプルな演出だけでサクッと当たるというところがまた良いです。

自分の友達が「CRFクィーン2018」にて20連チャンとかかましたことがあって、その時は16Rが4回ぐらいきたため、

かなりの出玉を出したという報告も聞いています。

最近では設定付きのパチンコとかも出てきているため、

今後のパチンコは設定付きが多くなるかもしれないです。そういったことあるので今後のパチンコにも注目を集めたいところであります。

話は戻りますが、今回の実践は昼頃に足を運んだため、

お客さんの量とかも多く「CRFクィーン2018」も座ってる人達が沢山いたのでなんとか席に座れてよかったです。