周期シナリオ振り分け解析

エヴァンゲリオンAT777 周期シナリオ振り分け

A-1 A-2 A-3 A-4
設定1 3.9% 3.9% 3.9% 3.9%
設定2 3.9% 3.9% 3.9% 3.9%
設定3 3.9% 4.3% 3.9% 4.3%
設定4 4.3% 4.7% 4.3% 4.7%
設定5 4.7% 5.1% 4.7% 5.5%
設定6 5.1% 5.5% 5.1% 5.9%
B-1 B-2 B-3 B-4
設定1 7.5% 7.5% 7.5% 8.3%
設定2 7.1% 7.1% 7.1% 7.1%
設定3 6.7% 6.7% 6.7% 6.7%
設定4 6.3% 6.3% 6.3% 6.3%
設定5 5.9% 5.9% 5.9% 5.9%
設定6 5.9% 5.9% 5.9% 5.9%
C-1 C-2 C-3 C-4
設定1 8.7% 8.7% 8.7% 9.8%
設定2 8.3% 8.3% 8.3% 8.7%
設定3 7.9% 7.9% 7.9% 7.9%
設定4 7.5% 7.5% 7.5% 7.5%
設定5 7.1% 7.1% 7.1% 7.1%
設定6 6.7% 6.7% 6.7% 6.7%
D-1 D-2 D-3 D-4
設定1~6 3.1% 3.9% 5.5% 3.5%
X-1 X-2 X-3 X-4
設定1~6 0.4% 0.4% 0.4% 0.4%
設定1
設定2 4.7%
設定3 4.7% 2.8%
設定4 5.1% 2.8% 1.2%
設定5 5.1% 2.8% 1.2% 1.2%
設定6 5.1% 2.8% 1.2% 1.2%

機種まとめページ

サラリーマン番長で青七を生かせず|読者実践稼働日記

番長シリーズは大体、好きです。

物凄く言いたいことはあるのですが、それでもそれなりに打つのが好きです。

そんなわけでもう大分導入して結構立ち、負けるときはひたすらに負けるといわれているサラリーマン番長を打とうと思って店にいきました。

番長シリーズの中ではチャンスアップ演出がそんなにバランスがよくない、というのが自分の印象です。

ですから、一回二回のスルーは仕方ないね、という寛大な心で打ち続けてました。

さてまずは台選びです。

低設定は死ぬほどやれないことで有名でもありますのでそのあたりを注意して良い台を打ちたいところですが設定確定要素というのが実はかなり少ない台でもありますので打っていてなんとなく判断できる位というのが自分なりの感想です。

言うまでもありませんが、要するにはっきりいってどれを選んでも設定が確定する要素がそれなりに見られたときには勝ち負けが判明している、みたいな感じです。

あとづもならばともかく、朝から打とうとするとそうなるわけです。

さて、朝一はリセットしているかな?ってのがサラ番でも大事ですね。

と、華麗に200ゲームくらいのところで雫ステージ以降がなしで、おや据え置きやんけとちょっと絶望。

と思ったのですが前日そこそこ浅い所で当たってる台ですから、据えでもよいかな、なんて思っていましたが初あたり800台。

気を取り直してBBのステージを選択しましょう。

鏡が好きなので鏡の完全告知のBBを打ちました。

そして、何事もなくスルー。

完全告知系はチャンス演出もないですし、狙え!もされてくれないので本当に何も起きないと欲求不満な状態で終わってしまうのがきついですね。

しかし、だからこそ鏡BBのいきなり扉が閉まる演出にやべぇくらいの脳汁が出て来るのです!、と思いつつ、また平常時を打ち続ける作業に戻る。

ですが、200台くらいで今度はしっかりと駱駝レースで勝利。

これ結構負けるんですよね。

なんなら飛び込み営業演出も分けます。

奪還任務すら負けることありますからね。

サラリーマン番長は強めの演出でもチャンスアップないとふつーに負けるのが怖いところ。

サラリーマン番長は3つのBBの演出が選べるので、これはとても有難いところです。

鏡が好きなのですがここは轟くんのBBで、狙えを楽しみたいところ、とやってみました。

いつもの滝行をしている番長をひたすら見つつ、きました!リールロック演出で子パンダ。

ちなみにこれでも結構外れて親パンダにボコボコにされます!怖いお。

と思ったらあっさり、頂ラッシュ確定。

これが天国だったのか、それともそこそこ連続して引けたレア役のお蔭であったのか、それは定かではないですがとにかく入りました。

そして、ここで上手く昇格させることができて、青7ボーナス。

しかし、これを生かすことができずに上乗せ10ゲーム。

そして、駆け抜け・・・あっ、これサラ番で一番駄目なパターンだ。

ですが初回は嵌ったとはいえ、二回目は早めに当たりましたし、出球も400枚くらいは確保できたわけですから、もう少し打ちましょうかね。

と、押忍ベルから仁王門、そして再び頂ラッシュへ、これが50ゲームくらいのところで。

上手く天国入っていたとしたら化けるかもしれない頂ラッシュに、と期待しましたがそんなことはなく、普通に駆け抜け。

いやー、さすがにサラ番はきつい。

その後、400ゲームのところでボーナス当選、花見演出はずれの研修の時にレア役で書き換えた?みたいな感じになりました。

さて、このBBからラッシュに繋げたいところ、鏡BBを選択。

レア役からほっとっとタイム突入、ここやぞ!ここが今日の分水嶺だ・・・いいときの自分!とレバーオン!、はい、40ベルで終了。

これでその日は撤退しました。

こういう日もあるさぁ・・・1000枚ちょいくらいマイナスかな。