パチスロ沖ドキやトロピカルの点滅や光り方やフリーズをはじめ、朝一やモードや天井期待値などの攻略情報を公開しているブログ

アナザーゴッドハーデス・設定判別・完全解析|実践稼働日記

設定判別・完全解析

アナザーゴッドハーデス 主な設定判別要素

◎確定役以外のGG初当り確率
設定1 1/539
設定2 1/481
設定3 1/470
設定4 1/370
設定5 1/365
設定6 1/275

◎黄7履歴3連からのGG初当り確率
設定1 2.0%
設定2 2.8%
設定3 4.3%
設定4 6.3%
設定5 8.8%
設定6 10.8%

◎履歴内ダイヤ2連からのGG初当り確率
設定1 10.0%
設定2 11.6%
設定3 13.1%
設定4 16.1%
設定5 19.1%
設定6 22.1%

GG突入時のモード移行解析

低確高確天国超天国準備
設定184.0%10.0%5.0%1.0%
設定284.0%10.0%5.0%1.0%
設定372.0%10.0%15.0%3.0%
設定459.0%25.0%15.0%1.0%
設定560.0%15.0%20.0%5.0%
設定654.0%30.0%15.0%1.0%

機種まとめページ

沖ドキ

天井恩恵・解析天井性能・AT後1570Gで天井ATに当選、最大30Gの前兆後に発動・天井はハーデス経由のジャッジメントゾーン確定(平均300G)・設定変更で天井G数リセット天井狙い目ボーダー・GG後680Gから天井狙[…]

CRトキオスペシャルは手堅く稼げる羽根物です|読者実践稼働日記

羽根物として名が知られている「CRトキオスペシャル」ですが、あの台は手堅く稼げる台でもあるため、台の癖とかねかせをはじめ釘とかの調整よみができていれば少ない投資で勝つことができたりします。

確実に勝てるというわけではなく、引き際も大事となっているため、ある程度の出玉が出たりしたら玉を流してササッと撤退したほうが良いです。

先日ですが、たまにいくホールにて「CRトキオスペシャル」を打たせてもらいましたが、投資5000円ぐらいで回収が1万3000円ぐらいになったため、手堅く勝つことができております。

「CRトキオスペシャル」は羽根物でもあるのでVに入れば大当たりは確定となり、後はラウンド抽選が行われるのですが、3Rになる確率がそれなりに低めになっていて7Rか16Rになるルートに行きやすくなっているのでチャンスだったりします。

自分が打った時は7Rや16Rに偏ってくれたため、出玉を増やすことができていますが、3Rとかもそれなりにあったため、出玉がそれなりに削られていたりしましたが、見切りをつけてやめにしてよかったです。

7Rとか16Rに偏ったりしていると次の当たりは殆どが3Rがきて、それから当たってもまた3Rの連続とか普通にあったりするので見極めも大事となっています。

「CRトキオスペシャル」は前作のものと比べると通常ルートでもVに入る確率が上がっていたりするため、当たりを狙いやすくなっていて、役物とかもしっかりと仕事をしてくれるようになっているので助かっています。

他の羽根物と比べると出玉も少し多く出たりするため、そこも助かる部分となっていて特に7Rと16Rの出玉は多少多くでるので安心できます。

SPルートに入っても必ずVに入るというわけではないため、ミスる時はVに入るスレスレで玉がそれて外れたりする時もあったりするのであの時は入らないのかよってツッコミたくなります。

羽根物は持久戦でもあるので短期戦が好きな方には向いていないのでそこも把握をしておくようにお願いします。

自分はマッタリと打ちたいタイプなので羽根物とかもたまに打つようにしていたりします。

今回の勝ちもたまたま座った台が良かったおかげもあり、少ない投資で手堅く勝つことができているので今後も「CRトキオスペシャル」を見かけたりしたら打とうかなと思っています。

役物とかSPルートがしっかりと仕事をしてくれればすんなり当たるため、イライラせずに楽しむことができます。

「CRトキオスペシャル」には通常ルートとSPルートの2種類があったりするので羽が解放されると大抵は通常ルートに玉が流れやすくなっていますが、複数の玉が入るとSPルートにいく時があったりするのでチャンスが訪れたりします。

ちなみに自分はは羽根物を打つ場合は大当たりを連チャンした場合は並盛のまま新しい箱に交換してもらう方法ではなく、山盛りにしてから箱を交換してもらうようにしています。

羽根物でもあるので出玉は確変とかST関係のパチンコ台に比べると出玉は少ないので山盛りにしてから箱を交換してもらうようにしています。

ただ、拡大係数機システムになっているパチンコ屋が多くなっているので、ああいったシステムを導入しているところは店員を呼ばなくても出玉を流すことができるので助かったりしています。

新基準機が登場してから羽根物は今後どういった感じになっていくか未知数でありますが、メーカー側も規制を守りながらギリギリセーフな台とかを出していくかもしれないので期待していたりします。

今後の羽根物はどういった台が登場するか楽しみにしつつ、珍しい羽根物とかを見つけたら打ちたいなと思っています。