ヘルゾーン示唆の出現確率・解析

ヘルゾーン示唆の出現確率 解析

低確 高確ショート
ミドル
高確ロング フェイク
鎖予告 1/228 1/12.6 1/15.8
竜巻雷
+
奇数非テンパイ
1/127 1/95.4
ヘカテの杖
+
リプ否定
1/1510 1/202 1/151

機種まとめページ

ラブ嬢プラスを久々打ってみた|読者実践稼働日記

私はラブ嬢プラスが好きでした。

特に、ライトミドルの2代目に出た台がとても好きで、ホールにあるとついつい打っていました。

久々にホールに最近行くとホールにその台があったのでその時のレポートを書きたいと思います。

基本的には、大当たり終了後は30%の確率で確変に突入し、それ以外は潜伏確変か通常大当たりという仕組みになってます。

また、大当たり確率は130分の1くらいのライトミドルタイプで確変突入をすれば約25パーセントくらいの割合で約800発くらいの出玉が出ます。

この大きい出玉をいかに取れるかがこの台の勝敗を決めるところだと思います。

とりあえず打ってみると最初のチャンスがやってきました。

保留変化は特にはなかったのですが、押しているメンバーのカットインが入って演出が始まりました。

熱い演出なんだなとは音と画像の関係で分かりました。

その後は擬似連3回まで発生しました。

その後、推しているメンバーが所属しているキャバクラのメンバーが登場する演出が入り、リーチがかかりました。

その後はこの機種の目玉であるいらっしゃいませ予告が発生しました。

この演出はとりあえず入っていないと不安になるくらい大当たりに絡みやすい演出となっていたのでこれは当たるかもと思いました。

その後はシャンパンおねだりリーチに発展しました。

カットインはトラ柄だったので安心して、大当たりを射止めることができました。

重要な確変には突入しませんでした。

残念ですが、潜伏を祈りました。

その後、潜伏の可能性がなくなって、しばらくしたらまたチャンスがやってきました。

ナンバーワンキャバ嬢のカットインが発生してのスタートでした。

とりあえずナンバーワンキャバ嬢の演出は熱いとは聞いていたのでこれは期待ができると感じました。

その後、擬似連3回まで発生して、前回のような推しているメンバーが所属するキャバ嬢の子が出てくる演出が発生してのリーチでした。

今回はいらっしゃいませ予告もなく、トラ柄もこれまではなかったので外れるかもとは思いました。

その後、シャンパンおねだりリーチに発展しました。

このリーチはラブ嬢のリーチの中でも弱いリーチなのであまり期待は出来ませんてした。

また、途中のチャンスアップも弱く、案の定外れてしまいました。

しかしながら、すぐにもう一回チャンスがやってきました。

赤保留が出現したのです。

赤保留出現はラブリーチという熱いリーチに発展することが濃厚になるので一気に期待値が上がりました。

とりあえず擬似連3回まで発生して、トラ柄が発生しました。

これは当たると思い、リーチの後にいらっしゃいませ予告も発生し、本機最強リーチであるハーレムリーチに発展しました。

チャンス演出もりもりだったのでもちろん大当たりしました。

この大当たりは確変に突入することができました。

その後、3連目にビッグボーナスを引くことができました。

パトランプ保留が発生し、パトランプが鳴ったので見事に大当たりしました。

また、その後は4連目に通常大当たりを引いてしまい、時短に突入しました。

時短はすぐに抜けてしまい、また、大当たりを目指すことになりました。

しばらく打っているとまたチャンスがやってきました。

赤保留がまた出現したのです。

今回も大当たりしてくれるかなと期待に胸を膨らませていました。

もちろん擬似連3回までいき、所属するキャバ嬢全員が出現する演出が発生し、リーチがかかりました。

いらっしゃいませ予告はなかったですが、ハーレムリーチに発展しました。

当たるか当たらないかきわきわのところだったので微妙でしたが、見事に大当たりを射止めることができました。

しかしながら、こちらは確変突入なりませんでした。

このように多彩な演出を楽しむことができました。

結果的には、プラス1500発で終えることになりました。

とても楽しい台なので是非打ってみてください。