今回は、パチスロの天井狙いがしやすい時間帯について解説していきます。

まず、大前提として稼働さえすれば基本的にはいつでも拾えます。

なぜならその時その時のタイミングによるからです。

例えば、あなたがホール内を巡回していた時に、たまたま目の前の人が辞めた台が天井まであと100Gの台だったということもあるからです。

パチスロ 天井

ですから、基本的には稼働さえすればいつでも拾えるということです。

また、夜からしか稼働ができない方や逆に夕方までしか稼働できない方でも誰にでもチャンスはあるということです。

目次 (クリックでジャンプ出来ます)

拾いやすい時間帯

正直ホールや地域によって拾いやすい時間帯はかなり変わってくるので一概には言えませんが、全体的な傾向としてお昼(12:00~17:00)が拾いやすいですね。

理由として、朝から来るお客さんの層は、ご年配の方などを中心にパチスロをあまり知らない人が多い傾向にあるからです。

そういう方が資金的にもなくなったり、また全体的に台が育つまでの時間がお昼~となりやすいのでお昼頃が狙いやすいと言えます。

夕方はライバルも副業でやっている方がいるので、激戦区になったりします。

地域によっては反対にお昼頃がライバルが多く、夕方は拾い放題と言った所もあります。

また、閉店終了2時間前も結構拾いやすいです。※ただ、あまり遅い時間になると、閉店終了の可能性が出てきて期待値が削られるので、その点だけは注意が必要です。

拾いやすい曜日

さきほどもお伝えした通り一概には言えませんが、全体的な傾向として平日が拾いやすい印象を受けますね。

逆に週末や祝日は若い人や学生など、よく知っている人が多いので拾える確率が少なくなります。

特にイベント日は上手い打ち手も多く天井狙いは厳しいですね。

だから、あえてイベント日はそのホールに行かないで他のホールを巡回するのも戦略の一つです。

また週末や祝日は朝から来る人も多いので、平日よりも早くに行ったほうが良いでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめると

  • 拾いやすい時間帯はお昼(12:00~17:00)
  • 拾いやすい曜日は平日

としましたが、結局はホールや地域次第なのでご自身の状況で臨機応変に対応することが求められます。

例えば、

朝は稼働率が多いホールAに行って、昼からは稼働率が少ないホールBへ行く

など、ホールによって巡回する時間を臨機応変に変えるのが良いでしょう。

時間に余裕のある方ならいろんな時間やホールに行ってみて、1番効率の良く拾える時間帯を見つけるのがいいと思います。