今回の記事は負けてる人の共通点に解説していきます。

負ける人の共通点

パチスロで負ける人には共通点があります。

それは、

ご自身にパチスロを教えてくれた人が負けているからです。

冷静に考えてみると簡単な話なんですが、思い返してみてください。

あなたが初めてパチスロを打ちに行った時はどういった形だったでしょうか?

  • 好きなアニメの機種が出た
  • 親や友達に誘われた
  • 彼氏や彼女に誘われた
  • 興味本位で一人で打ちに行った

おそらく大半の方が友達に誘われてといった形ではないでしょうか?

ちなみに始めは僕も友達に誘われてパチスロを打ちました。

初めてパチンコ店に行ったときに友達は何を教えてくれましたか?

  • 打ち方
  • 貸メダルの仕方
  • 玉貸の仕方
  • 箱の替え方
  • 店員の呼び方
  • 換金の仕方
  • 貯玉の仕方
  • コーヒーレディーの情報(笑)

などではないでしょうか?僕も昔はそうでした。

これらはパチスロの勝ち方ではありませんよね?

また、パチスロ遊戯者は9割以上が負けていると言われています。

本当に勝てている方は1%も満たないと僕は思っています。

そんなあなたの周りに1%未満のパチスロで勝てている人はいますか?

もし周りにいるとしたら、あなたはすでに勝てているのではないしょうか?

負ける人は、負ける情報しか知りません。

さらに負ける人からいろんな情報が入ってしまいます。

  • 攻略法
  • ホールコンピューター攻略
  • オカルト理論

これらを信じてしまうと勝つことは不可能です。

パチスロを始めたばかりの人は知識がないので素直に信じてしまいます。