mintの稼働日記|専属ライター

この日は大学のテスト期間で午前中に学校が終わり午後からはフリーでした。前日オールで友人とテスト勉強をしていたので、眠くて眠くて仕方が無かったのでかえって速攻寝ようと思っていました。

若干ふらつきながら帰路についていると、「おい!」と聞き覚えのある声が後ろからしました。振り返るとサークルの先輩がいました。

先輩「このあと暇?」

私「暇ですけど・・・眠いんですよね(笑)」

先輩「眠い?(笑) 甘えんな(笑) 打ち行くぞ(笑)」

私「え~眠いんで無理ですよ(笑)」

先輩「一万軍資金であげるから!いこ!」

私「え!いきます!」

ということで大学の近くのパチンコ屋へ行くことに。

この先輩は連れ打ちするのがとても好きで、お金を渡してでも一緒に打ちに行きたいという少し変わった先輩なんです(笑)

パチ屋へ着くと先輩はまっさきに大好きな牙狼のシマへ行き、一万円を渡された私は無難にノーマルタイプを打とうかなぁと思いノーマルのシマを徘徊していました。

徘徊していると当日ノーボーナス0回転のクレア2がありました。私はクレアが好きなもので、趣味でクレアを打つことにしました。

あまり設定には期待していなかったのですが、一応小役やRTのハズレを数えながら打っていくことに。

朝一の立ち上がりはそこまで良くはありませんでしたが、小役も良く、ボーナスもレギュラーに寄っていたのでもう少し打つことに。

打ち出してからしばらくすると下がり気味だったグラフもボーナスがついてきて上がり調子に。

そんな良い波がきている時に、さらに嬉しい演出が起こりました。

それがこちらです

クレアの秘宝伝2

通常時のクレアのセリフ「もうやめちゃうのー?」

このセリフは通常時のセリフで唯一「高設定示唆」のセリフです。

思わぬサプライズに私もこの台を腰を据えて打とうとこの時決心しました(笑)たしかに小役も良いしハズレもしっかり出ているし、ボーナスもついてきているので高設定あってもおかしくないだろうと思っていたので納得できる展開でした。

その後は増えたり減ったりの展開でなかなか出玉はついてきませんでした。まさしく下皿モミモミの状態でした(´・ω・`)

スポンサーリンク

そんな辛い状況でもこういう珍しいプレミア演出が来ると心が救われます(笑)

クレアの秘宝伝2

ノーマルタイプは粘ると本当に作業ですので、こういった液晶付きノーマルは演出が楽しいので本当にありがたいといいますか、楽しいです(笑)

なんだかんだで下がり気味だったグラフもまた上がり始め差枚数もプラス域へ。

「さぁこっから大量出玉獲得や!!」と意気込んだも束の間・・・

ずーんっ!!!

クレアの秘宝伝2

さすがに心折れましたヽ(`Д´)ノなんだこの仕打ちは!俺が何をしたって言うんだ!

見ての通りグラフは急降下で出玉も壊滅です。

こんなことをされたら大好きなクレアが嫌いになってしまいますよほんと(泣)

さすがにオールのつかれと眠気、そして苛立ちでこの台はもうやめることにしました。先輩にもう帰る旨を伝えに行こうと思い、牙狼のシマへ行くと・・・

「めっちゃ出しとる~~!ヽ(`Д´)ノ」

約二万発位の出玉を後ろに積んでいる先輩がそこにはいました(笑)

私「先輩、お金なくなったしもう疲れたんで帰りますね・・・」

先輩「え、帰んの?いてくれたらキャバクラ奢るからいてよ!」

私「キャバクラですか・・・居酒屋で奢ってくれるだけでいいですよ(笑)」

先輩「まじ?わかった!奢るから待ってて!」

私「了解です(笑)」

といった感じで居酒屋おごってもらうために待ちました(笑)

その日は私はマイナス2万(先輩に頂いた一万を除いて)、先輩プラス6万という結果となりました。

その日は少々お高いお店でお酒をご馳走していただきました(^O^)

次こそは大好きなクレアで勝つぞ!!

スポンサーリンク