機械割とは

よく台のスペックをみると機械割(PAYOUT)と書かれている項目を目にする事があると思います。

パチスロ(スロット)における機械割(PAYOUT)とは、払い出し確率の事を表します。

簡単に言うと、メダル投入枚数に対して、機械側がどのくらい払い出してくれるかを表したものです。

その為、出玉率とも言われています。

アイムジャグラーのスペック

設定 BIG REG 合成 機械割
1 1/287.44 1/455.11 1/176.17 96.9%
2 1/282.48 1/442.81 1/172.46 97.8%
3 1/282.48 1/348.60 1/156.04 99.9%
4 1/273.07 1/321.25 1/147.60 102.0%
5 1/273.07 1/268.59 1/135.40 104.2%
6 1/268.59 1/268.59 1/134.30 106.6%

簡単な例として上記アイムジャグラーの設定1の機械割は96.9%ですね。

この場合、1万円投資すれば96.9%の出玉率になるので、9,690円返ってくる事になります。

収支的には-410円になるわけですね。

もし機械割が100%なら、±0円です。

そして、機械割が100%を越えると、メダル投入枚数に対して払い出しの方が多く貰えると言う事になります。

つまり、機械割が110%だった場合には1万円の投資で、10%増しである11,000円が返ってくる事になり、+1,000円の収支になる計算です。

しかし、これはあくまでも理論値であり確率上の話なので実際にはこの通りにならない事は多いでしょう。

なぜなら少ない試行回数(プレイG数)では、確率は収束しにくいからです。

つまり、1日単位でみれば100%以下の設定1で勝ってしまったり、110%を越える高設定でも負けてしまう事もあるんですね。

しかし、試行回数を増やす事により確率は収束していきますので、出玉は本来の機械割に近づいていく事になります。

これが、パチスロにおける機械割(PAYOUT)の仕組みです。

機械割の計算式は

機械割の計算式について解説していきます。

機械割の計算式は、

OUT枚数÷IN枚数×100

となります。

わからない人の為にもOUT枚数やIN枚数についても解説していきますね。

IN枚数

実際に消費されるコインの総枚数のことです。

スロットは1Gに3枚のコインが必要なので、IN枚数=G数×3 で計算できます。

OUT枚数

台から払い出されるコインの総枚数のことです。

上の式からOUT枚数=IN枚数×(機械割÷100)で計算できます。

例題

機械割97%の台を1日中、約8000回転回したとして、どれくらい負ける計算してみましょう。

まずはIN枚数を算出します。

8000(回転数)×3(1回転あたりの枚数)=24000(枚)

次にOUT枚数を算出します。

24000(IN枚数)×0.97=23280

最後に差枚数を求めます。

24000-23280=720(枚)

720枚は等価交換だと20を掛けて14400円となります。

ですから例題の答えは14400円負けるということになります。

機械割が最も高い台

現行の機種で最も機械割が高い台は、スーパーブラックジャック2の119.9%ですね。

またパチスロは規制があり現在の5号機では機械割は119%が上限と決まっています。

ですので最高が119%となるのです。

まとめ

機械割はあくまでも理論値の数値ですから、一回や二回単位での試行回数(プレイG数)では確率が収束しません。

しかし、試行回数(プレイG数)が増えれば確率は収束していきます。

機械割の低い設定1を打ち続ければ負ける確率も高くなるということです。

ということは投入枚数も増えて負け額も増えて行く事になりますので注意しましょう。