どうも、まーちゃです。

現在、ホールで稼働されている機種でいえばミリオンゴッドシリーズ、バジリスク絆、北斗転生など、ホールの稼働状況にもよりますがこのような機種は月単位ではもちろん、稼働率が高い大きなホールですと1日1台は万枚が出ているのも珍しくない光景かと思います。

この辺りの機種ですと長く打っていると自然と万枚の経験が出来るといっても過言ではないかと思います。

もちろん私自身もこの中でいうとミリオンゴッドの凱旋と北斗転生で万枚の経験があります。

他にも鬼武者再臨や鉄拳デビルなど万枚の経験はあるのですが、その辺りは万枚報告も多く、万枚が出るパターンなんかもありきたりな感じになるので今回はあえて「エヴァンゲリオン希望の槍」で万枚が出たお話をしたいと思います。

希望の槍のスペックとして設定6のペイアウト率は114%と悪くはないのですが、ARTの純増が1.5枚なのと比較的ARTの突入率が良く、安定感のあるマイルドな機種の部類になります。

さて、この機種で万枚を出すにはまず覚醒ボーナスというARTの上乗せ抽選を複数ストックするプレミアムボーナスを引いて大量にストックするのがセオリーなのかとは思います。

スポンサーリンク

が、、、私が万枚を出した時はこの覚醒ボーナスを引く事はありませんでした。

そのかわり覚醒ボーナスよりも突入しやすい暴走モードを3回引いて約700G、約500G×2回を引いた事が万枚の大きな要因でした。

後は何よりも設定6のボーナス確率が合算1/282なのに対して、万枚が出た時は約5000Gで合算が1/200の鬼引きだった事かと思います。

11時くらいしか打ち出してすぐにARTからの20時までずっと通常なしだったので大体10時間くらいでしょうか。

通常落ちして引き戻しがない事を確認して10200枚くらい流したかと思います。

ボーナスが重い機種なのでせっかくART数を大量に乗せても全然増えないというのがよくあるパターンなのですが、後から考えるとやっぱりボーナスの存在が大きいと言いますか、よくある疑似ボーナスではなく純粋なボーナスなので純増1.5枚のような機種でもボーナス込みでいうと純増が大きく変わってくるので万枚が出た時のみに限っては純増1.5枚の「ダルさ」は感じませんでした。

最近の新基準機はシステムや純増枚数でいうと希望の槍に近いかとは思うのですが、このようなマイルドな機種でも万枚が出ると考えればまだまだ悲観的にならず夢を追っても良いのかなとは思います。

スポンサーリンク