パチスロ サイバーブルー

目次 (クリックでジャンプ出来ます)

機種概要

人気SFマンガ、「サイバーブルー」をモチーフとした本機は、1Gあたり純増約2.5枚のボーナス(疑似ボーナス)をメインに出玉を獲得していく仕様。

ボーナスは、最低2セット・平均約90枚の「BIO BONUS」と、初期ゲーム数40~150G・平均約235枚の「CYBER BONUS」の2種類を搭載しており、いずれのボーナス中もゲーム数の上乗せ抽選などに加えて、AT「融合ボーナス」の抽選を行う。

融合ボーナスは、バトルで使用するポイント獲得ゾーン「ブルー強化ゾーン」と、そのポイントを使用してバトルを展開する「ブルー死闘ゾーン」の2部構成となっている。前者で獲得したポイントが多いほどバトルに勝利しやすく、後者で早い決着となれば多くのポイントを持ちこせるなど、自らが展開を操作しているような感覚の、まったく新しいAT継続方式「俺のブルー」システムを採用している。

ブルー強化ゾーン中のポイントメイン獲得契機はベルとなっており、このポイントを貯めるほどブルー(味方)の攻撃力がアップ。リプレイ成立時は防御力が増加する仕組みだ。

ブルー死闘ゾーン中は、ベル・レア小役でブルーの攻撃、リプレイ成立でジェイダ(敵)の攻撃となり、その小役比率は約6:4。

このほか、超ブルー強化ゾーン「BLUE EPISODE」や、ポイント上乗せ特化ゾーン「BLADE ATTACK」「SALAMANDER ATTACK」など、大量獲得トリガーが複数搭載されている。

スペック詳細

【CYBER BONUS】
設定1  1/537.9
設定2  1/517.1
設定3  1/497.7
設定4  1/462.9
設定5  1/433.1
設定6  1/381.8

【BIO BONUS】
設定1  1/609.7
設定2  1/598.3
設定3  1/589.1
設定4  1/573.7
設定5  1/540.1
設定6  1/504.4

【ボーナス合算】
設定1  1/285.8
設定2  1/277.4
設定3  1/269.8
設定4  1/256.2
設定5  1/240.4
設定6  1/217.3

【機械割】
設定1  96.9%
設定2  98.4%
設定3  100.5%
設定4  103.6%
設定5  106.9%
設定6  112.1%

「サイバースコープ(自力押し順)」
赤7揃いの自力チャンス
6択・2択・完全ナビ
発生確率:約1/118

「融合TIME」
青7揃いのチャンス
特殊図柄1個(期待度25%)
2個(50%)
3個(100%)

「BIO BONUS(赤7揃い)」
15G×2セット以上(平均90枚)
AT2.5枚
消化中のバトル勝利で「融合BONUS」(期待度約33%)

「CYBER BONUS(青7揃い)」
40G~150G(G数上乗せ有り)
消化中の「融合TIME」青7揃いで「融合BONUS」(期待度約50%)

「融合BONUS」
平均継続回数10回(防御ポイントが無くなるまで)
突入時に「ブルー強化ゾーン」5or10or15G
ベルで攻撃ポイント
RPで防御ポイント獲得

「ブルー死闘ゾーン(AT)」
ベル(攻撃):RP(防御)=6:4
バトル勝利で「ブルー強化ゾーン」へ
※20Gの「超ブルー強化ゾーン」有り

「天井」
ボーナス間900G
「融合BONUS」後20回目の「サイバースコープ」完全ナビ+融合

PV

試打動画

感想

1セット15Gの少ないG数でバトル継続タイプ
の赤7ボーナスと、ゲーム数上乗せ型の青7
ボーナスを搭載し、天井の仕様からも何となく
蒼天2のような・・・?そのボーナスから平均
でも約10回ループするというポイントバトル
継続式の融合ボーナスを目指すゲーム性
ですかね。ただ押し順当てや2種類のボーナ
ス、PTシステム等、ライトユーザーから見ると
少しややこしい印象を受けるかもしれません。

この版権はスロットでは初となりますが、北斗
や慶次でお馴染み原哲夫版権ということで、
その辺りはプラス材料となりそうです。登場
キャラのブルー(主人公)はケンシロウ似?、
敵のボスはサウザー似です。

スペック面は2000枚オーバー率が約64%
との事ですが、青7以外はATの基本G数が
少ないので大きな差枚数は出難い印象です。

引用元:コジツケ君がゆく

編集後記

こういった機種が出るとAmazonで販売してあるサイバーブルー関連が高騰します。

例えば下記の商品↓
サイバーブルー 全巻

なぜ高騰するかというと、例えば

パチンコ屋のチラシに新台入荷【サイバーブルー】と書いてある人が見て

「おっサイバーブルー!懐かしいな!漫画面白かったから、もう一度見てみようかな」

と言ったり、

ホールへ導入されて打って勝つと

「この台面白い!!」

「勝ったし、漫画読んでみようかな~」

と思う人がいるからです。

あなたもこのような経験があり、財布の紐が緩くなったことがあるのではないでしょうか?

他にもさまざまな要因が関係しますが、こういう「トレンド」は仕入のチャンスです。

前持って仕入しておいて値段が高騰したら販売すると、
これだけで利益が取れます。

よく、

「仕入るものが見つかりません」

と相談を受ける事があるのですが、こういった視点を持つことが非常に大切で、
過去には一つの商品で5万円以上の利益が出たこともありました。

これは紛れもなく「トレンド」の力です。

このようなせどりの有益な情報をメルマガでは配信しています。

興味がある方はこちらに登録して頂けたらと思います。